続石

続石

岩手県釜石市の釜石と遠野を結んだ旧釜石街道沿いの山中にある不思議な巨石が続石。巨大な岩がまるで鳥居のように積み上げられています。台石は高さが2m、上に乗った笠石は、幅7m、奥行き5m、厚さ2mの巨岩。台石の間を人がくぐることも可能で、柳田國男は、ドルメン(支石墓)に似ていると評しています。

岩盤・岩石の崩壊・浸食で誕生の奇岩

続石
花崗岩の奇岩・続石の背後には山神を祀る祠も

あまりにも巨大な石造物のため、力自慢の弁慶が積み上げたという伝説(笠になった岩には弁慶の足跡もあるとか)や、原始巨石文明の跡であるという説、さらには世界文化遺産に登録された、韓国の江華支石墓に似た古代人の墓という説までありますが、真相はいまだに藪のなか。

周囲には不動岩など巨岩が多く、科学的には、長い年月による岩盤・岩石の崩壊・浸食作用で誕生、あるいは土石流などによって誕生した自然の造形物ではないかと推測する人が主流となっています(遠野市の天然記念物に指定されているのもそのため)。

続石のそばに、ひっそりと鎮座する泣き石もあるのでお見逃しなく。

柳田國男『遠野物語』の増補版にあたる『遠野物語拾遺』11話に登場。
「綾織村山口の続石は、この頃学者のいうドルメンというものによく似ている。二つ並んだ六尺ばかりの台石の上に、幅が一間半、長さ五間もある大石が横に乗せられ、その下を鳥居の様に人が通り抜けて行くことが出来る」。
ドルメン(dolmen)とは古代のヨーロッパやアジアなどに見られる支石墓(しせきぼ)のこと。
日本では、長崎県南島原市の原山支石墓群(縄文時代終末期の遺跡)が有名ですが、東北に支石墓があったという学説はありません。

名称 続石/つづきいし
所在地 岩手県遠野市綾織町上綾織
関連HP 遠野市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR遠野駅からタクシーで20分、駐車場から徒歩15分
ドライブで 釜石自動車道宮守ICから約8.5km
駐車場 6台/無料
問い合わせ 遠野市観光協会 TEL:0198-62-1333
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
カッパ淵

カッパ淵

柳田國男が『遠野物語』で様々なカッパの伝承を紹介し、「カッパのふるさと」のイメージが強い岩手県遠野市。なかでも代表的な景勝地がカッパ淵。康平元年(1058年)創建という遠野の古刹、常堅寺(じょうけんじ)の脇に流れる川が足洗川で、その本堂裏手

山崎コンセイサマ

山崎のコンセイサマ

柳田國男の『遠野物語』にも登場する岩手県遠野市の山崎地区金勢神社にあるコンセイサマ(金精様、金勢様)が山崎コンセイサマ。五穀豊穣と子授け、馬の息災の神様として地元の人の篤い信仰を集めています。婦人の腰の病気に効くともいわれ、タワシで磨くと快

早池峰古参道跡

早池峰古参道跡

岩手県遠野市にある東北の霊山・早池峰山(はやちねさん)の山上へと通じる古道の跡が早池峰山古参道跡。遠野三山にも数えられ、山頂にエーデルワイスの仲間であるハヤチネウスユキソウが咲くことで知られる早池峰山。古参道跡は中世に修験の地として栄えた早

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ