青龍水

青龍水

盛岡市大慈寺町にある共同井戸が青龍水(せいりゅうすい)。北上川の伏流水が流れる南の寺町(寺ノ下寺院群地区)・鉈屋町。原敬の墓所である大慈寺と祇陀寺(ぎだじ)の境内からは清水が湧き、木管で共同井戸の水源としています。祇陀寺の南、川鉄商店の裏手に位置する青龍水は今も現役の共同井戸で、環境省の「平成の名水百選」にも選定。

NHKの連続テレビ小説『どんど晴れ』にも登場

青龍とは湧き出す祇陀寺の山号。
湧き出す水は通年一定の温度に保たれていますが「冬は湯気が立つほど温かい」(地元の人の話)とか。
天保4年(1833年)、盛岡藩士で郷土史家の星川正甫(ほしかわせいほ)も『盛岡砂子』(もりおかまさご)に「夏日は至って冷泉にて、厳冬温かなること湯のごとし。この辺はこの水によって居を保つ」と記しています。
周辺の農家が朝もぎの野菜を持って来て洗い、馬町の青物市場に出したという話も今では昔語りとなっています。

青龍水は、4段式になっていて、最上段が飲料用、2番目が米研ぎ用、3番目が野菜・食器洗い場、4番目が足洗用と定められていますが、これも昔のまま。
ボランティア団体の「青龍水を潤す会」が清掃、維持管理をしているので、マナーを守って利用を。

平成19年放送のNHKの連続テレビ小説『どんど晴れ』でもこの青龍水が登場しています。
何十年かに一度、枯れることがあるのですが(令和2年にも枯渇)、その原因は定かでありません。

名称 青龍水/せいりゅうすい
所在地 岩手県盛岡市大慈寺町4
関連HP 盛岡観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR盛岡駅から岩手県交通バス盛岡城下町線・あさ開行きで11分、鉈屋町前下車
ドライブで 東北自動車道盛岡IC、または、盛岡南ICから約7km
駐車場 なし
問い合わせ 盛岡観光コンベンション協会 TEL:019-604-3305
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大慈清水

大慈清水

岩手県盛岡市鉈屋町にある大慈寺を水源とする生活用水が大慈清水(だいじしみず)。京から豪商・鉈屋長清が盛岡にやってきて、釶屋山菩提院(やおくざんぼだいいん)という寺を建てたのが町名の起りの鉈屋町。鉈屋町は、城下町の風情を色濃く残す一角ですが、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ