福田パン 本店

福田パン本店

岩手県盛岡市にあるご当地パンで有名な店が、福田パン本店。地元盛岡市では知らない人はいない製パン会社で、コッペパンに似たソフトフランスパンに餡、ホイップクリームなどをはさんだものが定番。「あんバター」、「ジャムバター」、「ピーナツ」などが人気です。テレビなどで紹介され注目度もアップしています。

「盛岡市民のソウルフード」福田パンを味わおう!

福田パン本店

昭和23年創業の老舗のパン屋で、もともとはフランスパンなどを扱っていましたが、岩手大学売店でパンを販売を契機に、「安い値段で学生を満腹にするパンを」と、独自のコッペパン(「ソフトフランスパン」)を開発したのが、現在人気商品のソフトフランスパンのルーツ。

岩手県内の高校・大学の購買、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで販売され、まさに「盛岡市民のソウルフード」のひとつ。
日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』などテレビ番組で取り上げられ、「盛岡の市民食」と喧伝(けんでん)されています。
東京・亀有の「Lucky Bread 吉田パン」、福岡市早良区の山本パンは、福田パンで修業後、独立開店したもの。

長田町の本店には座席10席(テーブル4卓)のイートインスペースも設けられており、好みのトッピングのパンを購入してその場で味わうことが可能。

菓子パンだけでなく惣菜タイプもあり、「トッピングの組み合わせは数百通りになる」とのこと。
本店の他に工場に併設された矢巾店(岩手県紫波郡矢巾町広宮沢)、盛岡みたけ店(アクロスプラザ盛岡みたけ)があります。
本店は、啄木新婚の家にも近いのでぜひ寄り道を。

福田パン 本店
名称 福田パン 本店/ふくだぱん ほんてん
所在地 岩手県盛岡市長田町12-11
電車・バスで JR盛岡駅から徒歩15分
ドライブで 東北自動車道盛岡ICから約5km
駐車場 6台/無料
問い合わせ 福田パン 本店 TEL:019-622-5896
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
啄木新婚の家

啄木新婚の家

中学時代からの友人である堀合節子と19歳で結婚した石川啄木が、明治38年6月4日から6月25日までの3週間を暮らした家が盛岡市に現存する啄木新婚の家。父母、妹との同居で人生は毎日が貧困との闘いでした。啄木・節子夫妻が質素に暮らした四畳半の部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ