弓弭の泉(北上川源流)

弓弭の泉(北上川源流)

岩手県岩手郡岩手町にある御堂観音(みどうかんのん)境内にある泉が弓弭の泉(ゆはずのいずみ)。流路延長249km(日本第5位)、流域面積1万150平方キロ(国内第4位)で、東北一の大河、北上川の源流にもなっています(北上川源流に関しては諸説ありますが、国土交通省の一級河川指定では弓弭の泉が源流になっています)。

御堂観音(新通法寺正覚院)の境内に湧く泉

天喜5年(1057年)、前九年の役で、安部頼時討伐軍を指揮した源頼義、義家父子が日照りで兵馬が苦しむのをみかね、観音菩薩に求世祈念、義家が弓弭(ゆはず=弓の両端の弦をかける部分)を岩に刺したところ泉が湧き出したという伝承があります。

北上川の源流に関しては、七時雨山(ななしぐれやま/八幡平市)山麓説、丹藤川(たんどうがわ)説、西岳山麓説など諸説あり、地元では弓弭の泉を「北上川源泉」と称しています。

御堂観音の正式名は北上山新通法寺正覚院(しょうがくいん)で、天台宗の寺です。
平安時代初期の大同2年(807年)、坂上田村麻呂が東征の際、立木十一面観音を自刻し、祈願所として建立したと伝わる古刹です。

長大な一級河川の源流(河川法で定める源流)を手軽に目にすることのできる場所は稀有(けう)なので、源流ファンには見逃せない場所になっています。

名称 弓弭の泉(北上川源流)/ゆはずのいずみ(きたかみがわげんりゅう)
所在地 岩手県岩手郡岩手町御堂第3地割9正覚院
関連HP 岩手町公式ホームページ
電車・バスで IGRいわて銀河鉄道沼宮内駅からタクシーで15分
ドライブで 東北自動車道滝沢ICから約32km
駐車場 川の駅駐車場を利用
問い合わせ 岩手町企画商工課 TEL:0195-62-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
北上川

北上川

岩手県岩手郡岩手町の弓弭の泉(ゆはずのいずみ)を源流に、岩手県を縦断、宮城県石巻市で太平洋に注ぐ東北随一の長大な河川が北上川(きたかみがわ)。幹川流路延長は249kmで、日本第5位、流域面積1万150平方キロは日本第4位の規模です。本流には

北上川最北の湧水地(北上川源流)

北上川最北の湧水地(北上川源流)

岩手県八幡平市の七時雨山(ななしぐれやま)登山口近くにあるのが北上川最北の湧水地。北上川源流は、国土交通省の一級河川指定では、岩手町の御堂観音境内(みどうかんのんけいだい)に湧く弓弭の泉(ゆはずのいずみ)とされていますが、地図上では、この八

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ