大人の休日倶楽部・山形県「蔵王の春篇」で紹介の蔵王ロープウェイ・百万人テラスはここ!

大人の休日倶楽部・山形県「蔵王の春篇」

吉永小百合が旅するテレビCMで注目のJR東日本・大人の休日倶楽部。令和4年春に放送されたCMは、山形県「蔵王の春篇」。樹氷、スキー、温泉と冬のイメージが強い蔵王ですが、高山植物が彩る雲上のトレッキングと、百万人テラスでの絶景を楽しむというCMが放送されて話題になりました。

いろは沼のトレッキングで高山植物を観察

大人の休日倶楽部 「蔵王の春篇」

ロケ地となったのは蔵王ロープウェイ。
蔵王山麓駅(標高855m)〜樹氷高原駅(標高1331m)の山麓線(所要7分)と、樹氷高原駅〜地蔵山頂駅(標高1661m)の山頂線(所要10分)に分かれていますが、大人の休日倶楽部・山形県「蔵王の春篇」で吉永小百合が旅したのは、山麓線。

樹氷高原駅の横に設置された、絶景のソファーの百万人テラス、そして樹氷高原駅を起点としたいろは沼へのトレッキングシーンが収録されています。
いろは沼で観察した高山植物は、タテヤマリンドウ、ミツバオウレン、イワカガミ。

設定では、いろは沼で高山植物鑑賞、ブナの森を歩き、最後に百万人テラスで絶景を観賞というプランです。

東京駅〜山形駅は、山形新幹線「つばさ」で2時間26分(最速)。
山形駅前〜蔵王温泉バスターミナルは、山交バスで37分なので、3時間少々で蔵王温泉に到達できます。
朝早めに東京を乗れば、昼前にはいろは沼に到達します。

大人の休日倶楽部・山形県「蔵王の春篇」で紹介の蔵王ロープウェイ・百万人テラスはここ!
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

蔵王ロープウェイ(山麓線)

蔵王温泉にある蔵王山麓駅から樹氷高原駅を経由して地蔵山頂駅とを結ぶ東武グループ(蔵王アストリアホテルと同経営)のロープウェイが蔵王ロープウェイ。山麓線は蔵王山麓駅と樹氷高原駅(標高1331m)の間、高低差464m(全長1734m)を53人乗

百万人テラス

百万人テラス

山形県山形市蔵王温泉、蔵王ロープウェイ樹氷高原駅近くに令和2年6月に誕生したのが、百万人テラス。樹氷高原駅に隣接する蔵王テラスと呼ばれる一角に置かれた、雲の高さにあるソファで、吉永小百合が旅する人気のCM、JR大人の休日倶楽部・山形県「蔵王

いろは沼

蔵王ロープウェイ山麓線の樹氷高原駅からユートピア夏山リフトを利用すると、観松平。その名の通り、羽衣の松、王将の松などと名づけられた樹齢300年余のキタゴヨウマツが盆栽のようにしげる地で、その一角にあるのがいろは沼(国土地理院の地形図ではイロ

泊まって納得! 取材班おすすめ、蔵王(蔵王温泉)の宿は!?

グリーンシーズンのトレッキングや沼巡り、冬のスキーや樹氷観賞で人気の山形蔵王。全国の観光地、スキー場の中でも案外レベルの高い旅館、ホテルが多いのが蔵王温泉です。そのなかで、取材班がおすすめの5軒を紹介します。ぜひ連泊したい5軒を、蔵王温泉か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ