泊まって納得! 取材班おすすめ、蔵王(蔵王温泉)の宿は!?

グリーンシーズンのトレッキングや沼巡り、冬のスキーや樹氷観賞で人気の山形蔵王。全国の観光地、スキー場の中でも案外レベルの高い旅館、ホテルが多いのが蔵王温泉です。そのなかで、取材班がおすすめの5軒を紹介します。

ぜひ連泊したい5軒を、蔵王温泉からノミネート

蔵王温泉では、ぜひ連泊してもらいたいので、トップシーズンを除いて最大1泊2食付きで1万5000円、できれば1万2000円くらいで泊まれる宿を基本に選んでいます。
スキーシーズンのイメージが強いため、案外夏休みはオフシーズン的料金設定で、お盆などを除けば、エコノミーな滞在が可能です。
ロープウェイを使った登山など、蔵王温泉を基地にしてのファミリーでの夏休みもおすすめです。

ご注意/「一番大切な人と泊まる、大切な人に紹介する」気持ちで選択していますが、宿は好みやトップシーズンとオフシーズンの対応の違いなどもあります。
その点を考慮されてからご利用ください。

 

蔵王アストリアホテル

蔵王温泉街からは少し離れた高台に建つ東武グループ運営のホテル。
部屋は眺めのいいツインとトリプル。
トリプルはエキストラベッドを入れれば4名利用できるので、家族なら割安になる計算。
シングルベッド2台+2段ベッド2台という6名部屋はグループ向け。
標高960mという蔵王温泉最高所の温泉は絶景露天風呂もあり、源泉かけ流しです。
朝食は自家製パンなどさすがは東武グループというレベルが保たれています。

八右衛門の湯 蔵王国際ホテル

旅館の良さと、ホテルの快適さを併せ持ち、さらに味自慢、温泉自慢の宿が蔵王国際ホテル。
部屋も様々なタイプがあり、和室にベッドの入った和ベッド、和洋室ならのんびりとくつろげます。
自慢の温泉「八右衛門の湯」は、もちろん源泉かけ流し。
石造りの露天風呂は冬季も入浴可能です。
夕食はもちろん、朝食ブッフェにも定評があり、お米がおいしいという声が続出。

源泉湯宿 蔵王プラザホテル

蔵王温泉街の高台に位置する温泉ホテル。
部屋は和室が基本ですが、洋室、和洋室も用意。
檜造りの内湯のほかに、庭園露天風呂もあり、源泉かけ流しで温泉ファンも納得の内容に。
食事は、レストランウィングの利用で、和食膳が基本です。

蔵王温泉みはらしの宿 故郷

布団敷きなどのサービスを排除し、その分、料理や温泉の贅沢さが手軽な価格で堪能できる宿。
夕食にはA4やA5の米沢牛、山形牛の陶板焼きが登場。
それでいて2食付きの宿泊料もトップシーズンを除けば1万円前後と、財布に優しい宿です。
ファミリープランなども用意されています。

高砂屋旅館

蔵王温泉街にある料理自慢のアットホームな旅館(全9室)。
内湯は人工温泉ですが、周囲に共同湯があるので、温泉が目的の人は外湯の利用を。
山形のブランド豚「米の娘ぶた」などを使った郷土料理が楽しめます。
1人1万程度の予算で済むので旅慣れた人にはおすすめの宿です。

蔵王温泉大露天風呂

蔵王温泉大露天風呂

2018年7月30日
西蔵王放牧場の大山桜

西蔵王放牧場の大山桜

2018年3月22日

いろは沼

2017年7月28日

蔵王地蔵尊

2017年7月28日

蔵王中央ロープウェイ

2017年7月28日

蔵王ロープウェイ(山頂線)

2017年7月27日

蔵王ロープウェイ(山麓線)

2017年7月27日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ