【達人の技】万座プリンスホテルへ安く泊まる!

家族で行くのにおすすめの温泉宿はどこですか?なんて質問をよく受けます。先日も某テレビ番組からそんな質問がありました。●○旅館ですと答えるのが一般的でしょうが、家族で泊まるなら、ぜひ万座プリンスホテルへ。

日本最高所の温泉地が万座

日本最高所の温泉といえば、立山黒部アルペンルート途中のみくりが池温泉ですが、「日本最高所の温泉街(温泉地)」といえば群馬県の万座温泉です。加えていえば、日本最高所のリゾートホテルはやはり立山黒部アルペンルート途中のホテル立山ですが、「日本最高所の温泉リゾートホテル」といえば万座プリンスホテルとなります。万座プリンスホテルの建つ場所で、標高は1740mもあるのです。

 

温泉成分も日本一

万座の湯は、白濁する硫黄泉。万座プリンスホテルの内外にもプンと硫黄臭が漂っています。実は、万座温泉の硫黄含有量は日本一。湧出量も1日に540万リットルというとんでもない量なのです。もちろん万座プリンスホテルの露天風呂も内湯も源泉掛け流しの「ドバドバ温泉」。
ちょっと難しくなりますが、温泉法では「地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、別表に掲げる温度又は物質を有するもの」が温泉と定義されています。その別表によると、硫化水素含有量なら湧水1kgあたり1mg以上のものが硫黄泉となります。1kgあたり2mg以上の硫黄含有量があれば「療養泉」と認定されるのですが、万座温泉の場合は(泉源によって異なりはしますが)、温泉1kgあたり300mg以上もの硫化水素を含有する温泉もあるのです。つまり「療養泉」認定基準の150倍!

温泉の効果は泉質だけではない!

温泉療養の効果は、とくに短期での利用の場合は「転地療養」としての効果も期待したいところ。つまり、温泉地の標高の高さ(マラソンの選手なんかが高地合宿するのと同じです)、そして眺望などの環境。万座プリンスホテルは、露天風呂はまさに絶景温泉。「こまくさの湯」は男性専用の湯船2、女性専用の湯船1、そして混浴の湯船が1ヶ所用意されています。さらに女性専用の屋根付き露天風呂「しゃくなげの湯」もあるので存分に温泉でリフレッシュできるのです。

万座プリンスホテル「こまくさの湯」
万座プリンスホテル「こまくさの湯」

プランを選んで安く泊まる

万座プリンスホテルと聞いて高そうだな感じるでしょうが、季節とプランを選べば決して高くはありません。和洋中華と揃ったレストランなどその設備とサービスを考えれば、むしろ格安です。たとえばプリンスホテル会員限定(無料で入会できます)の【会員限定】 限定10室 部屋タイプおまかせ!お値打ちプランなら(2015年4月11日 ~2015年6月30日)1泊2食付9800円〜。【1日10室限定】お得なショートステイプランは、チェックイン4:00P.M.(通常3:00P.M.)、チェックアウト10:00A.M.(通常12:00NOON)と滞在時間を少し短くするだけで、1泊2食付1万円〜(2名の場合)。これで夕食は和洋中から選択できるんだからあっぱれ! 連泊なら南館ツイン(24平米)に3名で泊まって2泊4食2万1000円〜。

万座プリンスホテル
万座プリンスホテル

利用したいのは無料送迎バスと高速バス

案外見落としがちなのが、軽井沢駅と万座プリンスホテルを3往復する無料送迎バス。池袋〜軽井沢を結ぶ西武高原バスの高速バスの回数券(4枚つづり8200円)を利用すれば、ひとりあたりの片道は2050円。つまり、高速バスと送迎バスを乗り継げば、交通費はたった2050円で済んじゃうんです。余った予算は、軽井沢のアウトレットでの買い物にも回せます。

西武高原バスの高速バス
西武高原バスの高速バス

梅雨がないから5月〜7月は狙い目

実は、万座は群馬県の奥日光同様に「梅雨の影響を受けにくい」場所のひとつです。梅雨前線が日本列島の南にかかるくらいならすっきりとした晴れや大雲海が期待できるのです。5月のゴールデンウィーク明けから7月にはとくにおすすめのシーズンといえるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ