白銀の滝

白銀の滝

山形県尾花沢市、木造3階建ての旅館が建ち並ぶ銀山温泉街の突き当りに位置する白銀公園(しろがねこうえん)の入口にあるのが落差22mの白銀の滝(地形図には白銀滝)。大小2本の滝、水量によっては3本目が流れる分岐滝で、少し上流には籟音の滝(らいおんのたき)が落ちています。

銀山温泉の湯上がり散歩で探勝できる滝

観瀑台も設けられ、滝しぶきを浴びて爽快です。
滝の不動尊があるのは、神仏習合時代に、不動明王が祀られ、修験(しゅげん)の地だった証し。

銀山温泉街→せとこい橋・籟音の滝→コウモリ穴→白銀の滝→銀山温泉街と巡る「滝見コース」は、0.8km、所要20分なので、湯上がり散策に絶好。
近くには銀鉱洞(延沢銀山跡)もあり、銀山温泉街→白銀の滝→滝の不動尊→せとこい橋・籟音の滝→河鹿橋→夏しらず坑→銀鉱洞→儀賀市郎左衛門の像→銀山温泉街と歩く「銀鉱洞直行コース」が1.4km、所要1時間。
銀山温泉街→白銀の滝→滝の不動尊→せとこい橋・籟音の滝→河鹿橋→夏しらず坑→銀鉱洞→儀賀市郎左衛門の像→山の神神社→銀山温泉街と歩く「ゆったり散策コース」なら、1.9km、所要1時間30分。

白銀の滝
白銀の滝
名称 白銀の滝/しろがねのたき
所在地 山形県尾花沢市銀山温泉地内
電車・バスで JR大石田駅から尾花沢市営バス銀山温泉行きで40分、終点下車、徒歩10分
ドライブで 山形自動車道山形北ICから約50km
問い合わせ 銀山温泉案内所 TEL:0237-28-3933
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
銀山温泉

銀山温泉

山形県尾花沢市、最上川支流の銀山川の両岸にレトロな木造3階建ての旅館が建ち並ぶのが銀山温泉。その名の通り、幕府直轄の銀鉱山として栄えた歴史を持つ地に温泉が発見されたのは今から400年ほど前。明治時代に湯宿としての経営が始まり、温泉街として発

銀鉱洞(延沢銀山跡)

銀鉱洞(延沢銀山跡)

山形県尾花沢市、大正ロマンの温泉街として有名な銀山温泉ですが、その温泉名の由来になっているのが、銀鉱洞(延沢銀山跡)。現在も温泉街から渓谷沿いに遊歩道を歩いた上流に延沢銀山の坑道跡が残され、その一部が銀鉱洞として公開され、坑道の見学も可能で

日本一の滝王国・山形

日本一の滝王国・山形 観賞したい20瀑を紹介!

山形県内には230もの滝(落差5m以上)があり、滝の数では日本一。全国に2488ヶ所ある(平成元年、環境省の自然環境保全基礎調査)といわれる滝のうち1割が集中することに。山形県では「日本一の滝王国 山形」をPRしています。そんな山形県から代

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ