木場公園

木場公園

東京都江東区にある総面積は24.2haという広大な都立公園が、木場公園。江戸時代から昭和に至るまで、江戸・東京へ材木を供給し「材木のまち」となった木場ですが、木材関連業者が新木場へと移転したため、跡地を防災拠点、そして水と緑の森林公園として整備し、平成4年6月1日に開園。

木場公園大橋が南、中、北の3地区を連結

木場公園
木場公園空撮PhotoMap(南北が逆転しています)

木場公園は、東西を結ぶ葛西橋通り、東西に流れる仙台堀川によって南、中、北の3地区に分断され、木場公園大橋が各地区を連絡しています。
園内にはテニスコート(6面)、バーベキュー広場、ドッグラン、都市緑化植物園、木場ミドリアム、そして北端に東京都現代美術館が整備されています。

南地区に広がる広大な原っぱがふれあい広場で、周辺にテニスコート、ドッグラン(利用登録制)、バーベキュー広場(40区画、完全予約制)が配されています。
南地区の冒険広場には各種の遊具があり、ファミリーに人気。
南地区の中心施設が木場ミドリアムで、親子で安心して遊べるキッズスペース「木場キッズリアム」、売店があります。

北地区の中心的施設が円形の広場のイベント広場で、『江東区民まつり中央まつり』などのイベントで活用されています。
北地区には複合遊具と大きなじゃぶじゃぶ池があり、じゃぶじゃぶ池は、夏の水遊びに絶好。

仙台堀川沿いの中地区には水辺のプロムナード、大花壇があり、葛西橋通りと仙台堀川をまたぐ人道橋の木場公園大橋が架かっています。
木場公園大橋は、東京スカイツリーのビューポイントにもなっており、ここからの東京スカイツリーは被写体としても絶好。


かつては木場という地名の通り、材木業関連の倉庫や貯木場があった地で、その歴史を今に伝えるため、入口広場にあるイベント池では10月に行なわれる『江東区民まつり中央まつり』で『木場の角乗』も披露されています。

木場公園
名称 木場公園/きばこうえん
所在地 東京都江東区木場4丁目、木場5丁目、平野4丁目
関連HP 東京都公園協会公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ木場駅から徒歩5分
ドライブで 首都高速木場ランプから約1km
駐車場 木場公園第一駐車場(104台/有料)、木場公園第二駐車場(30台/有料)
問い合わせ 木場公園サービスセンター TEL:03-5245-1770
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京都現代美術館

東京都現代美術館

東京都江東区三好4丁目、広大な木場公園の一角(北端)にあり、敷地面積2万3780平方メートルにも及ぶ美術館が、東京都現代美術館。大正15年5月1日に上野恩賜公園に開館した東京府美術館が前身で、収集された3000点に及ぶ美術作品3000点も東

仙台堀川

仙台堀川

東京都江東区を東西に横断する運河が、仙台堀川。旧中川と隅田川を結ぶ運河のひとつで、暗渠化、公園化などにより、現在の明確な流路は東側が大横川、西が隅田川(清澄排水機場)です。大横川の東側は、海水面より水位が低くなっていて、仙台堀川親水公園とし

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ