吉野山・中千本

吉野山・中千本

吉野山は、大峯連山の南北に約8km続く尾根で、シロヤマザクラを主体に200種3万本もの桜が麓から順に開花し、山を染め上げます。山麓から山頂へ、下千本、中千本、上千本、奧千本と続き、標高差があるため、およそ1ヶ月間、花見が可能。とくに中千本は、下千本、中千本、上千本を一望にする絶景の地。花の見頃は例年4月中旬頃。

吉水神社境内から眺める「一目千本」は、吉野山屈指の景観

吉野山・中千本
金峯山寺蔵王堂に咲く桜
吉野山・中千本
山桜に包まれる如意輪寺

桜といえば吉野といわれるほど有名な桜の名所。
中千本周辺には、吉野朝皇居跡(皇居跡公園)に咲く「御所桜」、金峯山寺蔵王堂に咲く「四本桜」などの桜の名木があるほか、吉水神社境内から眺める「一目千本」は、吉野山屈指の景観となっています。
吉水神社は、明治の神仏分離まで、金峯山寺の僧坊・吉水院(きっすいいん)で、源義経が潜居し、後醍醐天皇が吉野に隠れた際の行宮、つまりは南朝の皇居となった場所。
豊臣秀吉の「吉野の花見」ではここが花見の本陣となりました。
「湯元 宝の家」、「吉野温泉元湯」、「戎館」、「吉野館」、「坂本屋」などの旅館、宿坊「東南院」があり、昼食や入浴が可能の宿もあります。

吉野山の桜は、役行者(えんのぎょうじゃ=役小角・えんのおづぬ、修験道の始祖)が金峯山寺(きんぷせんじ)を開くにあたり、桜の木に感得した蔵王権現を彫って本尊とし、寄進を受けたことを発端とするもの。
以来、信者が桜を全山に植え、桜の名所となりました。
桜見物の際には、金峯山寺にもぜひ参詣を。

吉野山・中千本 DATA

名称 吉野山・中千本/よしのやま・なかせんぼん
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山
関連HP 吉野山観光協会公式ホームページ
電車・バスで 近鉄吉野駅から徒歩40分。または、ロープウェイ吉野山駅から徒歩20分
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約33km
駐車場 下千本駐車場(400台/有料)、観桜期〜GWには周辺に交通規制が実施されるため臨時開設される郊外駐車場(シャトルバス料込で有料)を利用
問い合わせ 吉野山観光協会 TEL:0746-32-1007/FAX:0746-32-1217
吉野町観光案内所 TEL:0746-39-9237/FAX:0746-39-9178
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吉野山『桜まつり・桜ライトアップ』

吉野山『桜まつり・桜ライトアップ』|2019

2019年3月29日
吉野山・上千本

吉野山・上千本

2019年3月29日
吉野山・下千本

吉野山・下千本

2019年3月29日
吉水神社・一目千本の桜

吉水神社・一目千本の桜

2018年2月15日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ