柿の葉すし醍予

柿の葉すし醍予

奈良県吉野郡吉野町、吉野山・中千本、吉水神社参道入口の鳥居横にある柿の葉寿司の店が、柿の葉すし醍予。西吉野産の柿葉は、6月~9月頃は西吉野産の生葉を利用し、秋には紅葉の葉、そしてそれ以外は塩漬けの青葉を利用。酢飯にのせる具は、鯖と鮭の2種類。ひとつづつ丁寧に手作りされています。

吉水神社参道入口の鳥居横にある柿の葉寿司の店

吉野山には手作りする柿の葉寿司の店が何軒かあるので、吉野山の散策途中の食べ比べもおすすめです(食べ比べてお気に入りの店でお土産を購入)。
小上がりがあり、桜の開花期などには店内で味わうことも可能。
令和4年からはごま豆腐も土産に加わっています。

土産用、贈答用の折箱は、吉野杉を使った木箱で、吉野杉と柿の葉の香りを楽しめる仕組み。
地方発送はクール便を使用。
製造後2日以内に味わう必要があるため、北海道・北東北・沖縄・離島への発送は行なっていません。

柿の葉すし醍予
名称 柿の葉すし醍予/かきのはすしだいよ
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山937-3
関連HP 柿の葉すし醍予公式ホームページ
電車・バスで 近鉄吉野駅から徒歩40分。または、ロープウェイ吉野山駅から徒歩20分
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約34km
駐車場 下千本駐車場(100台/観桜期は有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 柿の葉すし醍予 TEL:0746-32-1177/FAX:0746-32-0250
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吉野山・中千本

吉野山・中千本

吉野山は、大峯連山の南北に約8km続く尾根で、シロヤマザクラを主体に200種3万本もの桜が麓から順に開花し、山を染め上げます。山麓から山頂へ、下千本、中千本、上千本、奧千本と続き、標高差があるため、およそ1ヶ月間、花見が可能。とくに中千本は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ