横矢芳泉堂

横矢芳泉堂

奈良県吉野郡吉野町、吉野山・中千本にあるこだわりの葛菓子(くずがし)の店が、横矢芳泉堂(よこやほうせんどう)。黒川本家(宇陀松山)の本葛を使った葛の干菓子(ひがし)は、口溶けがよく絶品。実は本葛だけのくずきりや、くず餅は本場でも希少な存在。本物を知るためにも立ち寄りをおすすめ。

吉野山で絶品のくず餅を買う、味わうならここ!

葛の干菓子は、春は桜の形、秋は紅葉(もみじ)と、目で楽しめることも重要な要素で、店の一角に木型(桜の板材に四季の草花や鶴亀などを彫り込み、和菓子成形の型とするもの)が吊されています。
吉野山の御神木でもある桜の木を使うのは、桜の木が堅いから。
この木型をつくる職人ももはや数えるほどしかいないのですが、横矢芳泉堂では新しい木型を注文し、新デザインの干菓子を今後もつくっていくとのこと。

「吉野くず餅」も本葛100パーセントで、賞味期限2ヶ月だから、おみやげに絶好。
この店のくず餅を味わったら他所では食べられないというファンも多いのだとか。
予約で吉野葛を使った葛菓子作りの体験も実施。

店主の横矢保夫さんの解説を聞きながら、くず餅、葛きりなどは店内で味わうことも可能です。

横矢芳泉堂
名称 横矢芳泉堂/よこやほうせんどう
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山2396
関連HP 横矢芳泉堂公式ホームページ
電車・バスで 近鉄吉野駅から徒歩40分。または、ロープウェイ吉野山駅から徒歩20分
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約33km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 横矢芳泉堂 TEL:0746-32-3108/FAX:0746-32-3108
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吉野山・中千本

吉野山・中千本

吉野山は、大峯連山の南北に約8km続く尾根で、シロヤマザクラを主体に200種3万本もの桜が麓から順に開花し、山を染め上げます。山麓から山頂へ、下千本、中千本、上千本、奧千本と続き、標高差があるため、およそ1ヶ月間、花見が可能。とくに中千本は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ