五色台・明神丸園地

五色台(明神丸園地)

香川県坂出市、五色台の一等地に建つ「休暇村五色台」の本館近くにある展望園地が、明神丸園地。「休暇村五色台」のウッドデッキも絶景ですが、五色台ビジターセンターとを結んで自然の小径が整備され、明神丸園地もその途中にあります。また明神丸園地からツバキの小径が休暇村第2駐車場へと伸びています。

美しい瀬戸の海や瀬戸大橋を眺望する展望園地

五色台は、瀬戸内海沿岸、高松市と坂出市、国分寺町にまたがる台地。
400mから500mの峰が連なる山並みは、北から紅峰、黄峰 、黒峰(峰山)、青峰、白峰で、頂きには5色が冠されています。
豊かな自然に囲まれた風光明媚な高台で、高松市と坂出市の市境を縫うように五色台スカイラインが走り、スカイライン途中には、大崎山園地、寄ヶ坂園地、黒峰園地、大崎ノ鼻展望広場、青峰園地があり、瀬戸内海を見渡す絶好のビューポイントになっています。

五色台スカイラインから分かれた場所に建つ「休暇村讃岐五色台」にある明神丸園地は、瀬戸大橋を眺める絶景の地。
とくに夕景や夜景なども眺めるビューポイントとして知られています。

五色台の山々は屋島と同じ硬い安山岩(讃岐岩質安山岩、サヌカイトなど)が残ったテーブルマウンテン(メサ状地形)。
タンベ池のほとりには五色台の地質や自然を解説する五色台ビジターセンターもあるのでぜひ寄り道を。
この地で産出されるサヌカイト(古くから「カンカン石」と呼ばれている)は表面に虫が食ったような穴のたくさんあいた岩石。
岡山県鷲羽山の古代遺跡からもサヌカイト石器が出土しているから海を渡った交流をもうかがい知れる岩石になっています。

「休暇村讃岐五色台」は国立公園の一等地に建つリゾートホテル。
瀬戸内海を眺める大浴場に、日中、日帰り入浴も可能です。

五色台・明神丸園地
名称 五色台・明神丸園地/ごしきだい・みょうじんまるえんち
所在地 香川県坂出市王越町乃生
電車・バスで JR坂出駅から琴参バス王越線で15分、高屋下車すぐ
ドライブで 高松自動車道坂出北ICから約26km
駐車場 休暇村讃岐五色台駐車場(80台/無料)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
五色台ビジターセンター

五色台ビジターセンター

香川県坂出市、五色台の標高380mの高台、タンベ池のほとり建つ五色台ビジターセンターは、五色台を中心に瀬戸内海国立公園の自然を解説する施設。四国・香川県側の拠点として環境省が設置した施設で、自然との共生、循環をテーマに、電気は太陽エネルギー

黒峰展望台

五色台・黒峰展望台

香川県高松市と坂出市の境界を縫うように走る五色台スカイラン途中にある標高375mの黒峰(峰山/高松市)の東側にある展望台が黒峰展望台。さほど絶景ではありませんが、位置的に高松市街、女木島、男木島、屋島方面を眺望します。黒峰(峰山)は五色台に

白峰展望台

五色台・白峰展望台

五色の名の通り、色の名の付いた5峰がある香川県の景勝地、五色台。山上の展望台のうち、穴場ながら実は随一といっても過言でない展望を誇るのが、坂出市側の白峰近くにある白峰展望台。屋上からの景色も抜群の公共施設「白峰パークセンター」の駐車場に車を

大崎山園地

五色台・大崎山園地展望台

五色台スカイライン途中の大崎山(標高231m/香川県坂出市)にある展望台。大崎山は五色台の北端、木沢湾に突き出した山で、その山頂一帯に広がる大崎山園地には芝生広場や瀬戸内海を眺めることのできる大崎山園地展望台があります。大崎山園地展望台から

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ