旧仲枡塩田水門

旧仲枡塩田水門

香川県綾歌郡宇多津町、瀬戸内海に臨む道の駅恋人の聖地うたづ臨海公園に復元された入浜式塩田横にあるのが国の登録有形文化財・旧仲枡塩田水門(きゅうなかますえんでんすいもん)。長大な花崗岩の柱と梁を組み合わせて築いた大規模な塩田水門で、「大正15年5月竣功、石工詫間 渡邉柳太郎」と刻まれています。

仲桝塩田の花崗岩製水門を移設

旧仲枡塩田水門

1.5mスパン2門を設備した高さ5.3の水門で、入浜式塩田に降った雨などの余水の排出用に築かれたもの。
入浜式塩田の塩田地盤は最少干潮位より高めの場所に築き、多量の海水の取り入れが容易になるよう工夫されていました。
そのため、排水がネックで、雨水などの余水をいち早く排水するために塩田を守る堤防に水門が築かれていました。

もともとは50haという規模を誇った仲桝浜の仲枡塩田(なかますえんでん)にありましたが、昭和62年に移設されています。

宇多津町産業資料館の所蔵物、復元塩田とともに「宇多津の塩業関連遺産」として経済産業省の近代化産業遺産「瀬戸内海沿岸の気候風土に育まれた製塩業・醸造業の近代化の歩みを物語る近代化産業遺産群」になっています。

旧仲枡塩田水門
名称 旧仲枡塩田水門/きゅうなかますえんでんすいもん
所在地 香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4
電車・バスで JR宇多津駅から徒歩15分
ドライブで 瀬戸中央自動車道坂出ICから約5km。または、坂出北ICから約4.7km
駐車場 うたづ海ホタル駐車場(54台/無料)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
うたづ海ホタル(道の駅恋人の聖地 うたづ臨海公園)

うたづ海ホタル(道の駅恋人の聖地 うたづ臨海公園)

日本有数の「塩の町」(天然塩生産)を誇った宇多津(香川県綾歌郡宇多津町)。道の駅恋人の聖地 うたづ臨海公園には、入浜式塩田を復元され、昔ながらの手作業で塩を造っています。900平方メートルの塩田と茅葺きの釜屋が復元され、うたづ海ホタル(宇多

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ