栗林公園・鴨場

栗林公園・鴨場

香川県高松市にある国の特別名勝が栗林公園(りつりんこうえん)。大正2年に整備開園した北庭、群鴨池(ぐんおうち)の南端にあるのが鴨場。江戸時代、現在の北庭部分は、群鴨池を中心にした藩主の鴨猟の鴨場。平成4年に往時の鴨引堀、小土手、小覗・大覗(覗き小屋)が復元されています。

かつての鴨場の鴨引堀、小覗などを復元

讃岐国高松藩10代藩主・松平頼胤(まつだいらよりたね=幕末の藩主)は、鴨猟の邪魔になるという理由で、群鴨池(ぐんおうち)周辺の栗の木を3本だけ残して伐採してしまったという逸話が残されています。

施設は復元ですが、現存する鴨猟の鴨場としては最大規模のもので、飼育して慣らした鴨を囮(おとり)に泳がせ、野生の鴨を鴨引堀に引き寄せて叉手網(さであみ)や鷹を使って捕獲するもの。

江戸時代には諸大名が鴨猟をしていましたが、現在、国内で鴨の捕獲が行なわれているのは、宮内庁の埼玉鴨場(玉県越谷市)と新浜鴨場(千葉県市川市)の2ヶ所のみ(捕獲した鴨は足環を付けて、大きさなどを記録した後に放鳥されています)。

鴨場として現存するのは宮内庁の2ヶ所以外には、浜離宮恩賜庭園(東京都中央区)、天赦園(愛媛県宇和島市)とこの栗林公園のみです。

栗林公園の鴨場も、明治時代に畑となり、その後に、遊技場、さらに高松市立美術館の建物が建ち、大きく改変してしまいましたが、昭和63年に美術館が移転したことで、平成元年から復元工事を開始し、平成5年に完成したもの。
鴨引堀の最奥に設置される小覗(覗き小屋)には、鷹匠(たがじょう)が潜んで堀に入る鴨を観察し、その後ろに叉手網を手にした人が控えていました。
鷹匠の合図で小土手に移動し、人の気配に驚いて飛び立つ鴨を、網で一網打尽にしたのです。

ちなみに現在の北門は、当時の藩主が出入りに使った門です。

栗林公園・鴨場
栗林公園園内図
栗林公園・鴨場
名称 栗林公園・鴨場/りつりんこうえん・かもば
所在地 香川県高松市栗林町1-2-16
関連HP 栗林公園公式ホームページ
電車・バスで JR栗林公園北口駅から徒歩3分、または、ことでん栗林公園駅から徒歩10分
ドライブで 高松自動車道高松中央ICから約6km
駐車場 栗林公園東門駐車場(30台)・栗林公園北門前駐車場(32台)/有料
問い合わせ 香川県栗林公園観光事務所 TEL:087-833-7411/FAX:087-833-7420
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
栗林公園・鶴亀松

栗林公園・鶴亀松

香川県高松市、国の特別名勝に指定される栗林公園(りつりんこうえん)。大改修後、大正2年に完成したのが北庭で、「商工奨励館」前の芝生が広がる園地でひときわ目を引くのが鶴亀松(つるかめのまつ)。栗林公園を代表する松のひとつで、組石の亀の上に、鶴

栗林公園・群鴨池

栗林公園・群鴨池

香川県高松市にある国の特別名勝が栗林公園(りつりんこうえん)。大正2年に整備開園した北庭にある栗林公園最大の池が群鴨池(ぐんおうち)で、その名の通り、江戸時代には藩主の鴨猟の場所だった池。池の南側には鴨場として鴨引堀、小土手、小覗などが復元

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ