角館雛めぐり|2019|仙北市

角館雛めぐり

2019年2月23日(土)~3月10日(日)、秋田県仙北市角館で『角館雛めぐり』が開催されます。角館の旧家、商家には、代々大切に受け継がれてきた享保雛や古今雛の古雛をはじめ、押絵雛、土人形などが数多く残されていますが、それを店頭などに飾るもの。店舗では雛菓子、雛御膳の提供も。

角館押絵に注目を!

角館雛めぐり

樺細工伝承館、角館駅前蔵などの公共施設、安藤醸造本店、石黒家などの商家や武家屋敷を中心に、伝来の雛人形が展示される「みちのく小京都」角館ならではのイベントです。
江戸時代、角館は雄物川の舟運で土崎湊(現在の秋田市の秋田港)とつながり、さらには北前船で京や大坂と結ばれていました。
享保雛・古今雛・次郎佐衛門雛といった古雛が多く残されているのも、そんな舟運とは密接な関係があるのです。

角館の雛飾りの最大の特長は、角館押絵。
江戸末期から昭和初期までは、角館押絵も盛んに作られたのです。
他の雛祭りと違って、角館でしか見ることができないのが角館押絵です。
 

角館雛めぐり|2019|仙北市 DATA

角館雛めぐり|2019|仙北市
開催日 2019年2月23日(土)~3月10日(日)
関連HP 田沢湖・角館観光協会公式ホームページ
所在地 秋田県仙北市角館町
場所 角館
電車・バスで JR角館駅からすぐ
ドライブで 秋田自動車道大曲ICから約26km
駐車場 臨時駐車場、さくら並木駐車場を利用
問い合わせ 仙北市観光情報センター角館駅前蔵 TEL:0187-54-2700/FAX:0187-54-1755
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ