湯涌温泉『氷室開き』|金沢市

湯涌温泉『氷室開き』

毎年6月30日、金沢市の湯涌温泉で『氷室開き』が行なわれます。氷室(ひむろ)とは、冷蔵庫がなかった時代に天然の雪や氷を夏まで貯蔵しておくために用意された貯蔵庫。洞窟や小屋掛けした施設で氷を夏まで保存するもの。湯涌温泉で、大寒に詰められた氷室の雪をとりだす伝統行事『氷室開き』が行なわれます。

1月の最終日曜に雪を詰めた氷室を開く!

藩政時代、加賀藩は、厳寒の大寒(だいかん/現在の1月下旬)に白山山系に積もった新雪を氷室に貯蔵し、6月朔日(ついたち/旧暦の6月1日=現在の7月上旬)に『氷室開き』を行ない、将軍家へ「白山氷」として献上した古事に因むもの。
6月朔日は、「氷の朔日」(こおりのついたち)と呼ばれ、氷室を開ける日とされていました。

また、『氷室開き』には氷室まんじゅうを食し、一年の無病息災を願う風習があります。
氷室まんじゅうは、氷室の氷が庶民には手が届かない高価な品だったため、氷の代わりに麦で作ったまんじゅうを食して無病息災を願ったもの。
『氷室開き』では、氷室まんじゅうや、氷室ちくわ、そうめんの販売、かき氷の振る舞いも実施。

現在、金沢市でも兼六園の南隅などに氷室跡が残るのみですが、湯涌温泉観光協会は、伝統の氷室を復元(湯涌温泉観光協会が主体となって、昭和61年から行事として復活)、1月の最終日曜に氷室に雪を入れ、6月30日に『氷室開き』を行なっています。

湯涌温泉『氷室開き』
湯涌温泉『氷室開き』|金沢市
開催日時 毎年6月30日
所在地 石川県金沢市湯涌町
場所 玉泉湖畔「氷室小屋」
関連HP 湯涌温泉観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR金沢駅から北鉄バス湯涌温泉行きで50分、湯涌温泉下車、徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道金沢東IC・金沢西ICから約19km
駐車場 金沢湯涌夢二館周辺の駐車場を利用
問い合わせ 湯涌温泉観光協会 TEL:076-235-1040
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
湯涌温泉『氷室の仕込み(雪詰め)』

湯涌温泉『氷室の仕込み(雪詰め)』|金沢市

1月の最終日曜10:00〜12:00、湯涌温泉で『氷室の仕込み(雪詰め)』が行なわれます。かつて将軍家に「雪氷」を献上した歴史に由来する伝統行事。毎年1月最終日曜日に玉泉湖の湖畔の氷室に大寒の雪を仕込み、6月30日に氷室開きが行なわれていま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ