百万貫の岩

百万貫の岩

石川県白山市を流れる手取川の河原にある高さ16mもの巨大な砂岩が百万貫の岩。昭和9年7月11日の手取川大洪水の際に、3kmほど上流の宮谷川より流出し、白峰と市ノ瀬集落の間まで運ばれたと推測される巨岩で、石川県の天然記念物に指定。石川県では唯一、日本の地質百選にも選定されています。

実際に計測すると129万貫もあった巨岩

高さ16m、周囲52mで、推定重量は4800t。
換算すると129万貫になり、百万貫の岩という名は誇張ではないことがわかります。
当初はおよそ100万貫といわれていたのですが、国土交通省金沢河川国道事務所が平成7年9月に計測(解析写真測量図化機+ノンプリズム型光波測距計による計測システムでの計測)を実施し、129万貫もあることが判明しています。

石川県道33号(白山公園線)沿いにあり、見学用の駐車場(「いしかわ風景街道」寄り道パーキング)も整備されているので、ドライブ途中の立ち寄りにも絶好。

手取川の最上流部では、白山の火山活動の影響で大規模な崩壊)や地すべりが進行し、豪雨や雪解け水などで洪水が発生すると、土石流の危険があるのです。
明治後半から手取川上流荒廃対策として建設される甚ノ助谷階段式砂防堰堤群は、国の登録有形文化財にもなっています。

昭和9年7月11日の手取川大洪水は、濁流が手取川流域全域で多くの集落を飲み込み、死者112名(一ノ瀬集落では死者42名)を出すという甚大な被害を生んでいます。
白山砂防科学館で昭和9年の手取川大洪水の様子を3Dシアターで学ぶことができます。

洪水をもたらす手取川の流れは、中流域で美しい手取峡谷を刻んでいます。
また、百万貫の岩は、手取峡谷などとともに白山手取川ジオパークのジオサイトのひとつ。

北陸三県(富山、石川、福井)で日本の地質百選に選定されるのは、百万貫の岩のほか、魚津埋没林(富山県)、立山カルデラ(富山県)、東尋坊(福井県)の4ヶ所のみです。

百万貫の岩
名称 百万貫の岩/ひゃくまんがんのいわ
所在地 石川県白山市白峰
関連HP 白山市観光公式ホームページ
ドライブで 北陸自動車道白山ICから約55km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 白山市文化財保護課 TEL:076-274-9579
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
魚津埋没林博物館

魚津埋没林博物館

富山県魚津市の魚津漁港にある魚津埋没林博物館は、魚津の海岸で発見された埋没林を展示するユニークな博物館。埋没林とは、文字通り「埋もれた林」で、特別天然記念物に指定される魚津埋没林は2000年ほど前、片貝川の氾濫により流出した土砂で杉の原生林

立山カルデラ砂防博物館

立山カルデラ砂防博物館

富山県中新川郡立山町芦峅寺、富山地方鉄道と立山ケーブルの乗換駅である、立山黒部アルペンルート立山駅前にある異色のミュージアムが立山カルデラ砂防博物館。立山火山が生んだ巨大な立山カルデラの歴史や自然と、立山砂防、常願寺川について紹介する公立の

立山カルデラ展望台

立山カルデラ展望台

立山黒部アルペンルート途中、弥陀ヶ原(みだがはら)にある展望地が立山カルデラ展望台。立山高原バスを弥陀ヶ原で下車し、「国民宿舎 天望立山荘」入口横から森林帯の中の遊歩道を歩けば立山カルデラ展望台で立山黒部ジオパークのジオサイトにもなっていま

東尋坊

勝山の平泉寺にいた僧・東尋坊(とうじんぼう)が名の由来となった越前加賀海岸国定公園随一の景勝地で、坂井市三国町北部に続く海食崖の小さな岬。約1200万年前に噴出した輝石安山岩からなる柱状節理が、高さ25mにもおよぶ断崖をつくり、日本海に突出

手取峡谷・綿ヶ滝

手取峡谷・綿ヶ滝

石川県白山市を流れる手取川の渓谷にある落差32mの滝が手取峡谷・綿ヶ滝。白い綿をちぎって落としたように流れ落ちるというのがその名の由来です。駐車場から遊歩道を150mほど歩くと綿ヶ滝展望台があり、滝壺のすぐ側まで降り立つことができますが、急

手取峡谷

白山市を流れている手取川の峡谷。手取川の中流域の釜清水から白山下まで約8kmにわたってゴルジュ状の峡谷が続いていますが、これが手取峡谷。国道157号(白山街道)が併走するので甌穴(ポットホール)を眼下にする不老橋(吉野郵便局前=不老峡)、黄

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ