金剛峯寺・徳川家霊台

金剛峯寺・徳川家霊台

空海が開いた山上の霊地、高野山の金剛峯寺(こんごうぶじ)。江戸時代の初め、高野山には興山寺東照宮、大徳院東照宮という2つの東照宮があり、興山寺東照宮は廃絶(金剛峯寺に集約)しましたが、大徳院東照宮(寺は廃絶)が徳川家霊台として現存し、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産になっています。

東照宮(家康)、台徳院殿(秀忠)の御霊屋

大徳院は、天文4年(1535年)、家康の祖父・松平清康(まつだいらきよやす)の遺骨が納められて、蓮花院から光徳院に改号し、松平家の菩提寺に。
さらに文禄3年(1594年)には家康が豊臣秀吉に随従して高野山に参詣し、光徳院に止宿して大徳院に改号しています。

寛永20年(1643年)、3代将軍・徳川家光が、東照宮(家康)、台徳院殿(秀忠)の御霊屋を建立したのが大徳院東照宮。
一重宝形造りの建物が2つ並び、右が東照宮家康公霊舎(おたまや)、左が台徳院秀忠公霊舎。
家康公霊舎に鳥居が建つのは、家康が天海大僧正の意見で東照大権現という神格で祀られたから(仏が仮に神の姿で現れること=権現)のため。
家康公霊舎の向拝の蟇股(かえるまた)には虎の彫刻、台徳院秀忠公霊舎には兎の彫刻が施されているのは、家康が寅年生まれ、秀忠が卯年生まれだから。
秀忠の兎の両脇に虎が彫刻されているのは、徳川将軍家の正当な後継者である秀忠を、死後も家康が守るということから。

境内東端には3代将軍以下歴代将軍と御三家の尊牌堂(そんぱいどう)もありましたが明治21年に焼失しています。

明治維新の神仏分離と廃仏毀釈の荒波は、高野山にも押し寄せ、明治2年に青厳寺と興山寺が合併して総本山金剛峯寺となっていますが、明治5年に旧興山寺の堂宇は全焼。
かつての興山寺東照宮の部材は堂宇再建に使用されています。

名称 金剛峯寺・徳川家霊台/こんごうぶじ・とくがわけれいだい
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山132
関連HP 金剛峯寺公式ホームページ
電車・バスで 南海高野線高野山駅から南海りんかんバス奥の院前行きで11分、千手院橋下車
ドライブで 京奈和自動車道紀北かつらぎICから約23km
駐車場 金剛峯寺前駐車場(39台)・金剛峯寺第2駐車場(72台)/無料
問い合わせ TEL:0736-56-3728/FAX:0736-56-2100
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
金剛峯寺・本坊

金剛峯寺・本坊

世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』にも登録される和歌山県高野町の高野山金剛峯寺。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素のひとつになっています。金剛峯寺の山号が高野山で、まさに信仰の中心ですが、そのまた中心となるのが主殿(本坊)。壇上伽

金剛峯寺・正門

金剛峯寺・正門

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつ、総本山金剛峯寺。高野山の山上、大型バスも駐車する金剛峯寺前駐車場から金剛峯寺本坊(大主殿)へと向かうと、最初にくぐるのが正門。何気なく通り過ぎてしまう門ですが、文禄2年(1593年)の築

金剛峯寺・蟠龍庭

金剛峯寺・蟠龍庭

和歌山県伊都郡高野町高野山、高野山真言宗総本山の寺、金剛峯寺(こんごうぶじ)。「弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会」を記念して昭和56年に造園された、国内最大級の石庭が蟠龍庭(ばんりゅうてい)。蟠龍とは、天に昇らず高野山に潜んでいる龍の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ