金剛峯寺・不動堂

金剛峯寺・不動堂

和歌山県伊都郡高野町、高野山の壇上伽藍(世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産)の東端の建つ堂が金剛峯寺・不動堂。明治41年に山内の一心院谷にあった一心院(現在の金輪塔あたり)から移築されたもので、金剛三昧院・多宝塔とともに国宝です。

高野山内に現存する最古の建築物で、国宝

もともとは、鎌倉時代初期の建久8年(1197年)、鳥羽上皇の皇女である八條女院(はちじょうにょいん)内親王の発願で行勝上人が建立したものと伝えられ、平安貴族の邸宅ともいえる気品を湛えています。
平成10年11月、全面解体保存修理が完了し、建立年代が鎌倉後期頃であることが確実視されるように。

四隅の形がすべて違うのは、4人の工匠が随意に造ったためとの伝承が。
不動堂と呼ばれるのは本尊が不動明王だったため(古くからの呼称)。
ただし、護摩を焚いた形跡や住坊としていた痕跡もなく、一心院の阿弥陀堂だったのではないかと推測されています。
内部に安置されていた運慶作の八大童子像は、霊宝館に収蔵。

不動堂のあった一心院は江戸時代には衰退し、往時に不動堂が建っていた場所は、今では車道になっています。

和歌山県内の国宝建造物は、金剛峯寺・不動堂のほか、金剛三昧院・多宝塔、根来寺・多宝塔(大塔)、善福院・釈迦堂、長保寺・本堂、長保寺・多宝塔、長保寺・大門の合計7件です。

金剛峯寺・不動堂
名称 金剛峯寺・不動堂/こんごうぶじ・ふどうどう
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山132
関連HP 金剛峯寺公式ホームページ
電車・バスで 南海高野線高野山駅から南海りんかんバス奥の院前行きで11分、千手院橋下車
ドライブで 京奈和自動車道紀北かつらぎICから約23km
駐車場 中門前駐車場(18台/無料)
問い合わせ 金剛峯寺 TEL:0736-56-2011/FAX:0736-56-4640
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
金剛峯寺・大門

金剛峯寺・大門

高野山金剛峯寺(こうやさんこんごうぶじ)の西端に位置する高野山山内の正門(総門)が大門(だいもん)。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつ。門が築かれたのは平安時代の末で、それ以前は九折谷(つづらおりだに)の旧道に鳥居が建って

金剛峯寺・本坊

金剛峯寺・本坊

世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』にも登録される和歌山県高野町の高野山金剛峯寺。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素のひとつになっています。金剛峯寺の山号が高野山で、まさに信仰の中心ですが、そのまた中心となるのが主殿(本坊)。壇上伽

金剛峯寺・正門

金剛峯寺・正門

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつ、総本山金剛峯寺。高野山の山上、大型バスも駐車する金剛峯寺前駐車場から金剛峯寺本坊(大主殿)へと向かうと、最初にくぐるのが正門。何気なく通り過ぎてしまう門ですが、文禄2年(1593年)の築

金剛峯寺・徳川家霊台

金剛峯寺・徳川家霊台

空海が開いた山上の霊地、高野山の金剛峯寺(こんごうぶじ)。江戸時代の初め、高野山には興山寺東照宮、大徳院東照宮という2つの東照宮があり、興山寺東照宮は廃絶(金剛峯寺に集約)しましたが、大徳院東照宮(寺は廃絶)が徳川家霊台として現存し、世界文

金剛峯寺・蟠龍庭

金剛峯寺・蟠龍庭

和歌山県伊都郡高野町高野山、高野山真言宗総本山の寺、金剛峯寺(こんごうぶじ)。「弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会」を記念して昭和56年に造園された、国内最大級の石庭が蟠龍庭(ばんりゅうてい)。蟠龍とは、天に昇らず高野山に潜んでいる龍の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ