金剛峯寺・蟠龍庭

金剛峯寺・蟠龍庭

和歌山県伊都郡高野町高野山、高野山真言宗総本山の寺、金剛峯寺(こんごうぶじ)。「弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会」を記念して昭和56年に造園された、国内最大級の石庭が蟠龍庭(ばんりゅうてい)。蟠龍とは、天に昇らず高野山に潜んでいる龍のこと。主殿から渡り廊下を抜けた場所に作庭されています。

真言密教の「両部不二思想」を具現化した庭

500坪の広さに砂を撒き、雲海を表現(雲海の中央に奥殿が浮かぶという設計)。
雲海の中で向かって左に雄、向かって右に雌の一対の龍が向かい合い(石組みで龍を表現)、奥殿を守っているように表現されているのです。

金剛頂経(こんごうちょうぎょう=金剛界曼荼羅の典拠となる経典)の説く「金剛界=大日如来の知恵の世界」と大日経(だいにちきょう)の説く「胎蔵界=大日如来の理性」の金胎不二(金剛界と胎蔵界は不二一体=両部不二)という空海独自の密教を体現している点にも注目を。
真言密教では、金剛頂経と大日経が「両部の大経」で空海は、両部は一具にして、そこに甲乙浅深はないとしたのです(両部不二思想が完成した時代は定かでありません)。

龍を表現する石は、空海誕生の地である四国の花崗岩が、雲海を表す白川砂は東寺の建つ京都のものを使用しています。

名称 金剛峯寺・蟠龍庭/こんごうぶじ・ばんりゅうてい
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山132
関連HP 金剛峯寺公式ホームページ
電車・バスで 南海高野線高野山駅から南海りんかんバス奥の院前行きで11分、千手院橋下車
ドライブで 京奈和自動車道紀北かつらぎICから約23km
駐車場 金剛峯寺前駐車場(39台)・金剛峯寺第2駐車場(72台)/無料
問い合わせ TEL:0736-56-2011/FAX:0736-56-4640
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
金剛峯寺・本坊

金剛峯寺・本坊

世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』にも登録される和歌山県高野町の高野山金剛峯寺。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素のひとつになっています。金剛峯寺の山号が高野山で、まさに信仰の中心ですが、そのまた中心となるのが主殿(本坊)。壇上伽

金剛峯寺・正門

金剛峯寺・正門

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつ、総本山金剛峯寺。高野山の山上、大型バスも駐車する金剛峯寺前駐車場から金剛峯寺本坊(大主殿)へと向かうと、最初にくぐるのが正門。何気なく通り過ぎてしまう門ですが、文禄2年(1593年)の築

金剛峯寺・徳川家霊台

金剛峯寺・徳川家霊台

空海が開いた山上の霊地、高野山の金剛峯寺(こんごうぶじ)。江戸時代の初め、高野山には興山寺東照宮、大徳院東照宮という2つの東照宮があり、興山寺東照宮は廃絶(金剛峯寺に集約)しましたが、大徳院東照宮(寺は廃絶)が徳川家霊台として現存し、世界文

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ