第23回嘉瀬川杯遣唐使船レース|佐賀市|2019

嘉瀬川杯遣唐使船レース

2019年8月25日(日)9:00〜17:30、佐賀県佐賀市の佐賀県立森林公園西側・嘉瀬橋下流一帯で『第23回嘉瀬川杯遣唐使船レース』が開催されます。鑑真(がんじん)が佐賀の嘉瀬津に上陸したことにちなんだ、1チーム12人~16人による手漕ぎ船レース。予選、敗者復活、準々決勝、準決勝、決勝が行なわれます。

佐賀県唯一の本格的な和船による競漕

嘉瀬川杯遣唐使船レース

鑑真らが来日時に乗船した遣唐使船を模した和船で競漕行事を行なう事で、鑑真和上が5回の失敗を経て、嘉瀬津( 嘉瀬川の河港)に上陸した故事を偲び、往時の文化・歴史を学ぶとともに河川愛護の考えを広めることが目的で開催されるイベント。
合図を送るドラ1人、舵取り1人を含めてチーム編成は12人~16人で、毎年40チームが公募されています。
遣唐使船のミニサイズで、250mのコースを往復するレース。

遣唐使と鑑真の嘉瀬津に上陸

遣唐使とは、舒明天皇3年(630年)から寛平6年(894年)の間に、日本から唐に派遣された公式の使節で、その回数は16回(回数に関しては数え方などにより諸説あります)。
遣唐使船の大きさは長さが30m、幅7m~8m、帆柱3本で平底箱型でした。
定員オーバーなどもあって遭難する船が多く、まさに命がけの渡海でした。
それでも山上憶良(やまのうえのおくら)、吉備真備(きびのまきび)、最澄、空海などが唐へ渡り、先進の文化や宗教、政治制度などを持ち帰ったのです。

遣唐使が帰国の際に伴ってきた鑑真は、5回の来日に失敗し、両眼を失明しながら、ようやく6回目に沖縄、屋久島経由で秋目(秋妻屋浦/現在の南さつま市坊津)を経て嘉瀬津に上陸し、天平勝宝5年12月26日(754年1月23日)大宰府(だざいふを)に到着。
大宰府観世音寺に隣接する戒壇院で初の授戒を行ない、天平勝宝6年2月4日に平城京に到着したのです。
佐賀県立森林公園には、鑑真和上記念碑(井上靖氏自筆の「和上讃仰碑」、モニュメント)が立っています。

『嘉瀬川杯遣唐使船レース』に使われる船は全長10m、船幅は1.5mしかないので、実際の遣唐使船は全長だけでも3倍もあったということに。

第23回嘉瀬川杯遣唐使船レース|佐賀市|2019
開催日時 2019年8月25日(日)9:00〜17:30
所在地 佐賀県佐賀市鍋島町蛎久
場所 嘉瀬川河川敷、みどり橋付近
電車・バスで JR佐賀駅バスセンターから嘉瀬・徳万方面、嘉瀬橋下車、徒歩5分
ドライブで 長崎自動車道佐賀大和ICから約3km
問い合わせ 遣唐使船レース推進協議会 TEL:0952-24-2442
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ