旧集成館反射炉跡

旧集成館反射炉跡

日本初の近代的な工場群である「集成館」を仙巌園内に設けた薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)ですが、藩の富国強兵、そして外国船への備えから嘉永4年(1851年)、オランダの技術書の翻訳書を参考に西欧の鋳造技術を導入し、大砲や武器を鋳造する反射炉建造に着手します。世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産になっています。

反射炉建設を契機に日本初の近代的工場群「集成館」が誕生!

旧集成館反射炉跡

仙巌園内に復元される薩摩藩百五十斤(ポンド)鉄製砲

薩摩藩島津家の別邸「仙巌園」ですが、反射炉が築かれた場所は錦江湾に臨む竹林を切り開いて造成。
開明派の島津斉彬が藩主となってすぐに手がけた事業で、その後、周辺に溶鉱炉、ガラス工場、蒸気機関の研究所などを設けて「集成館」と名付けたのです。

鹿児島城内の実験場で反射炉のひな形が築かれ、その後、嘉永6年(1853年)、磯で本格的な反射炉(1号炉)が完成。
湿気対策が不十分で炉の温度が上がらず、耐火レンガの質も悪かったため、鉄製の大砲鋳造は不可能で、砲弾鋳造にとどまっています。
その後、燃焼室などに使う耐火レンガを薩摩焼の技術を応用して焼成し、2号炉の作成を開始、安政4年(1857年)に完成、大量の銑鉄を溶かして鋳型に流しこみ、大砲の砲身を鋳造したのです。

関吉から仙巌園まで水道を通し(関吉の疎水溝)、寺山(寺山炭窯跡)で焼いた木炭を使っていますが、旧集成館反射炉跡とともに世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産になっています。

仙巌園入口付近に現存する旧集成館反射炉跡の遺構は、安政4年(1857年)に完成した2号炉の基礎部分。
往時には高さ16mほどの煙突がそびえ立っていました。
文久3年(1857年)の薩英戦争の際、イギリス艦「ハボック」(Havock)、「パーシュース」(Perseus)からの砲撃やロケット弾(火箭)で集成館は破壊され、反射炉も撤去されています。

旧集成館反射炉跡 DATA

名称 旧集成館反射炉跡/きゅうしゅうせいかんはんしゃろあと
所在地 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
関連HP 仙巌園公式ホームページ
電車・バスで 鹿児島中央駅から鹿児島交通の霧島行きバスで15分、仙巌園前下車すぐ
ドライブで 九州自動車道鹿児島北ICから約8.7km
駐車場 500台/有料
問い合わせ 仙巌園 TEL:099-247-1511
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

韮山反射炉

2018.07.03

那珂湊反射炉跡

2018.07.01

萩反射炉

2018.04.03

築地反射炉

2017.10.13

【知られざるニッポン】vol.34 「韮山反射炉」が世界遺産になった理由とは!?

2017.02.19

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ