箱根旧街道休憩所

箱根旧街道休憩所

神奈川県足柄下郡箱根町、箱根旧街道の甘酒茶屋に隣接して建つのが、箱根旧街道休憩所。東海道の難所、箱根越えに関する資料や逸話を展示、紹介している資料館兼休憩所で、古い商家を移築し再生したもの。小ぢんまりしたスペースに、江戸時代の旅人の所持品を男性、女性に分けて展示しています。

箱根旧街道・甘酒茶屋横にある展示休憩スポット

以前は「箱根旧街道資料館」という有料施設でしたが、その展示物の一部を受け継いで、無料の休憩所として再生。

赤穂浪士(あこうろうし)の神崎与五郎(かんざきよごろう=神崎則休)が因縁をつけられた際、討ち入り前で騒動になることを嫌い、荒くれ者の馬子・丑五郎に詫び証文を書いたという、甘酒茶屋のエピソードを再現したジオラマ的な展示もあります。
土間に縁台や民具を置いた立場(たてば)茶屋風の無料休憩所で、当時の旅の様子を味わうことができます。

箱根旧街道ハイキング途中の休憩スポットにも絶好です。

箱根旧街道休憩所
名称 箱根旧街道休憩所/はこねきゅうかいどうきゅうけいじょ
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿395
関連HP 箱根町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス畑宿経由元箱根行きで25分、甘酒茶屋下車、徒歩1分
ドライブで 小田原厚木道路箱根口ICから約10km
駐車場 なし
問い合わせ 箱根町総合観光案内所 TEL:0460-85-5700/FAX:0460-85-5721
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箱根関所資料館

箱根関所資料館

神奈川県足柄下郡箱根町、復元された箱根関所の東側にある、箱根関所の歴史を解説するミュージアムが箱根関所資料館。復元された関所の見学で終わらせてしまう人もいますが、箱根関所資料館は、観覧料金に含まれているので、ぜひ入館したい施設です。箱根関所

甘酒茶屋

甘酒茶屋

神奈川県箱根町、旧東海道沿いに江戸時代から12代続く立場茶屋(たてばちゃや)の甘酒茶屋。平成21年に改築されていますが、杉皮葺きの建物で、土間に囲炉裏という構造は以前のまま。旧街道を散策し、名物の甘酒や力餅を味わい、いにしえの旅人に思いを馳

畑宿一里塚

箱根旧街道一里塚(畑宿)

神奈川県箱根町、寄木細工(よせぎざいく)で知られる旧東海道畑宿(はたじゅく)にある一里塚。畑宿は宿場ではなく立場(たてば)ですが、町並みのはずれに江戸から数えて23里目の一里塚が残されています。街道を挟んで両側に塚が残されていますが、一対の

箱根旧街道石畳(東坂)

箱根旧街道石畳(東坂)

箱根越えの旧東海道沿いには、箱根関所から東の畑宿寄りの東坂、三島宿へと下る西坂ともに石畳が整備されていました。街道時代の雰囲気が色濃く残るのが、元箱根〜畑宿間の東坂に残る石畳で、箱根旧街道石畳と通称されています。当時の石畳が現存するのは白水

箱根馬子唄の碑

箱根馬子唄の碑

「箱根八里は馬でも越すが越すに越されぬ大井川」と唄う有名な『箱根馬子唄』(はこねまごうら)。馬子(まご)とは馬を引いて馬の背で荷物を運ぶ馬方のこと。畑宿から東海道の東坂を登りきった平坦地が八丁平(八町平)。馬子がひと息入れた場所で、ここに箱

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ