箱根旧街道一里塚(畑宿)

畑宿一里塚

神奈川県箱根町、寄木細工(よせぎざいく)で知られる旧東海道畑宿(はたじゅく)にある一里塚。畑宿は宿場ではなく立場(たてば)ですが、町並みのはずれに江戸から数えて23里目の一里塚が残されています。街道を挟んで両側に塚が残されていますが、一対のかたちで現存するのは沿線の開発が進む東海道では貴重な存在。

一対の塚のみ現存し、往時の姿に復元

一里塚は、慶長9年2月4日(1604年3月4日)、徳川家康が、徳川秀忠に命じ、金山奉行の大久保長安が総監督となって東海道など、江戸・日本橋を起点として各街道の1里(4255m)ごとに5間(9m)四方の塚を築き、木陰で旅人が休息を取れるよう木を植えたもの。
木が高ければ離れた所からよく見え、根が深くなれば風に倒れないという利点が強調され、エノキ(榎)などが植えられました(『篤焉家訓』諸国道中一里塚之始/九之巻)。

平成10年に行なわれた保存整備事業で、高さ4.5m、直径9mという大きさになるように周囲に石積みがあることも判明しています。
塚の上には江戸から京に向かって左側にケヤキ(欅=落葉樹)、右側にモミ(樅=常緑樹)が植えられていました。
ともに寒さに強い樹種なので、冬の冷涼な気候に配慮したものだと推測できます。
箱根旧街道の一部として国の史跡に)。

ちなみに立場とは、小田原宿と箱根宿のように宿間の長いところに設置された旅人や人足、駕籠かきなどが休息する場所です。

箱根には、湯本茶屋、畑宿、元箱根(葭原久保/よしわらくぼ)に一里塚がありましたが、現存するのは畑宿のみです(箱根西坂には現在の三島市に錦田一里塚が現存しています)。

名称 箱根旧街道一里塚(畑宿)/はこねきゅうかいどういちりづか(はたじゅく)
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿
関連HP 箱根町公式ホームページ
電車・バスで 箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス畑宿行き、元箱根行きで17分、畑宿下車、徒歩1分
ドライブで 箱根新道須雲川ICから約2.5km
駐車場 なし/畑宿寄木会館駐車場(13台)を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧街道杉並木

旧街道杉並木

元和年間(1615年~1624年)に、箱根旧街道の美観を考慮して植林されたとも、箱根関所開設時に、川越城主・松平正綱によって設けられたともいわれている並木道が神奈川県箱根町にある旧街道杉並木。東海道では松並木が主体だが、冷涼な気候と箱根権現

飛竜の滝

飛竜の滝

神奈川県箱根町、旧東海道の畑宿(箱根寄木細工の発祥の地)と芦之湯を結ぶ間道、滝坂道(瀧坂)途中にある箱根屈指の大瀑布が飛竜の滝。2段になって落ちる滝で、落差は上段15m、下段25m。その名の由来は竜が天に昇るような迫力からで、水量も多く、そ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ