旭橋

箱根湯本から大平台、宮ノ下に向かう国道1号。もともとは、宮ノ下の富士屋ホテルが外国人向けに人力車が通れる有料道路を建設したことに始まります。戦前は、バカンスに訪れる外国人も多く、意匠を凝らした旭橋、函南洞門、千歳橋が昭和の初めに築かれました。この3つは土木遺産、そして国の重要文化財に登録されています。

旭橋

鉄筋コンクリートのアーチ橋では日本最長!

3つの歴史的な遺産のなかで、もっとも箱根湯本に近いのが、旭橋。まさに箱根山の玄関口に位置する橋で、昭和8年の完成。全長38.5mは、この時代にできた鉄筋コンクリート造単アーチ橋では最長(RCタイドアーチ橋としては、国内最大スパン)。

函南洞門は現役をリタイアしましたが、旭橋は今も現役の国道橋です。幅員は10.0mですが、注目は、箱根駅伝5区の山登りコース途中ということ。斜度10度という湯本側からぐぐっと上る橋になっています。

連続する3つの建造物は、旭橋が和風、函嶺洞門が中国風、千歳橋が洋風と細部のデザインについても工夫され、まさに国際観光地箱根が欧米からの旅行者を意識していたことがわかります。
 

旭橋 DATA

名称 旭橋/あさひばし
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町湯本
関連HP http://www.hakone.or.jp/
電車・バスで 小田急電鉄・箱根登山鉄道箱根湯本駅から徒歩6分
ドライブで 小田原箱根道路箱根口ICから約3.7km(6分)
駐車場 なし
問い合わせ 箱根町総合観光案内所TEL:0460-85-5700/FAX:0460-85-5721

 

千歳橋

2016年12月31日

函嶺洞門

2016年12月31日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ