日本庭球発祥の地碑(テニス発祥の地)

日本庭球発祥の地碑(テニス発祥の地)

日本で最初の洋式庭園として、横浜居留地に住む外国人が開設したのが神奈川県横浜市、山手地区にある山手公園。その一画、横浜山手テニス発祥記念館前のテニスコートの片隅に立つのが日本庭球発祥の地碑(碑文は「日本庭球発祥之地碑」)。実は、ここが明治9年に、日本で最初にテニスが行なわれた場所です。

日本のテニスここに始まる

日本庭球発祥の地碑(テニス発祥の地)

文久3年(1863年)、横浜居留地の社交場、横浜クラブ(後の横浜ユナイテッド・クラブ)を海岸通5番に作り(ホテルとしての機能を有しています)、マネージャーとして働いたのがW.H. スミス(William Henry Smith)。
もともとは文久2年(1862年)に来日、イギリス山(現・港の見える丘公園)に駐屯したイギリス軍の士官(近衛海兵隊中尉)でしたが、翌年に除隊して横浜の居留民となり、明治6年にはホテルニューグランドの総支配人となります。
そのW.H. スミスの尽力で、公園とする土地を日本政府から年403ドルで賃借する契約を結び、明治3年5月6日(1870年6月4日)に現在の山手公園が開設されます。
山手一帯は急な傾斜地があったので当時、居留民から「ブラフ」(bluff=崖のこと)と呼ばれていたため、新公園は当初「ブラフパブリックガーデン」と称しました。
この「ブラフパブリックガーデン」で明治9年、日本で初めてのローンテニス(Lawn Tennis)が行なわれました。

公園開設とともに公園管理団体が組織されますが、意図してなのか日本政府への賃借料が滞ることに。
イギリス公使館のアーネスト・サトウ(Sir Ernest Mason Satow)が明治4年に着任した神奈川県令・睦奥宗光(むつむねみつ)と交渉をしますが、そのさなかに公園内の一部をテニスコートにしてクラブに貸し出すという案が浮上。
当時、イギリスで流行していたテニスが横浜居留地にも上陸。
「レディズ・ローン・テニス・アンド・クロッケー・クラブ」(Ladies Lawn Tennis and Croquet Club/横浜婦女弄鞠社=よこはまふじょろうきゅうしゃ)が結成され、年150ドルで用地を借用することで交渉がまとまったのです。
こうして日本初のクレーコート5面とクラブハウスが誕生します。

ローンテニスは、1873年(明治6年)12月、ウォルター・クロプトン・ウィングフィールド少佐が考案した「スフェリスティキ」(sphairistike)がルーツ。
イギリスやアメリカで有閑階級を中心に急速に広まり、居留地である横浜にも流行がすぐに伝わったと推測できます。
横浜に「レディズ・ローン・テニス・アンド・クロッケー・クラブ」が結成された明治11年は、第1回ウインブルドン大会(The Lawn Tennis Championships on Grass)が開催された翌年のことです。

「レディズ・ローン・テニス・アンド・クロッケー・クラブ」は、現在の横浜インターナショナルテニスコミュニティ(Yokohama International tennis community)の前身で、開設されたテニスコートもほとんど往時の土地形状のままに残されています。
周囲に植栽されたヒマラヤスギも、日本のヒマラヤスギのルーツです。

名称 日本庭球発祥の地碑(テニス発祥の地)/にほんていきゅうはっしょうのちひ(てにすはっしょうのち)
所在地 神奈川県横浜市中区山手町230
関連HP 山手公園公式ホームページ
電車・バスで JR石川町駅から徒歩12分。みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩15分
ドライブで 首都高速道路狩場線新山下ICから約3㎞
駐車場 山手公園駐車場(20台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 山手公園 TEL 045-641-1971
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
山手公園

山手公園

神奈川県横浜市の山手地区にある明治3年5月6日に開設した日本初の西洋式公園が山手公園。横浜居留地に住む外国人が自らの手で開いた公園で、日本のテニス発祥の地でもあり、「旧居留地を源として各地に普及した近代娯楽産業発展の歩みを物語る」として経済

横浜山手テニス発祥記念館

横浜山手テニス発祥記念館

神奈川県横浜市の山手地区にある横浜市(横浜市緑の協会)管理の施設のひとつで、日本のテニス発祥の地(明治9年、山手公園で日本最初のローンテニスが行なわれました)である山手公園にあるのが横浜山手テニス発祥記念館。テニスウェアやラケットの変遷など

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ