走水神社

走水神社

神奈川県横須賀市走水にある古社が走水神社(はしりみずじんじゃ)。観音崎の付け根に位置する走水は、その名の通り海岸に貴重な水の湧く場所。さらに対岸の富津岬と結ぶ、海上交通の要衝(狭義の東京湾は観音崎と富津岬を結ぶ線)で、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征途中に創建したという伝説も。

古代の東海道は走水から上総へと海を渡る

社伝によれば祭神である日本武尊は、逗子、葉山を抜け東京湾に臨む旗山崎(御所ヶ崎)に御座所を建て、軍船を仕立てる準備をします。
日本武尊が、自分の冠を村人に与え、その冠を石櫃に納めて社を建てたのが走水神社の始まりとしています。

走水から対岸の房総半島を目指した日本武尊は、暴風雨に遭遇。
『古事記』などによれば、その際、妃の弟橘媛(おとたちばなひめ)が身を投げて海を鎮め、7日後に弟橘媛の櫛が流れ着いた旗山崎(御所ヶ崎)に橘神社を建立しています。
この橘神社は、明治18年に社地が軍用地(東京湾要塞)となったため、走水神社に合祀されています。

弟橘媛が身を投げたことから、海が静まり、船が走ったのが走水(走水海)という地名の由来とも。

ちなみに、古代の東海道(古東海道)は、足柄峠を越えて相模国へ入り、小総駅(おぶさえき=現・小田原市国府津)で太平洋に出て、海沿いを鎌倉郡衙(かまくらぐんが=現在の鎌倉市役所一帯にあった郡役所)に進み、小坪坂を越えて逗子に至り、三浦半島を横断して走水から海を渡り、房総半島(上総国)へ向かいました。
横須賀市内では、衣笠の曹源寺、大津・天神坂、安房口神社、浦賀、小原台、走水という道順だったと推測されています。

名称 走水神社/はしりみずじんじゃ
所在地 神奈川県横須賀市走水2-12-5
関連HP 走水神社公式ホームページ
電車・バスで 京浜急行馬堀海岸駅から観音崎行きバスで走水神社下車、徒歩2分
ドライブで 横浜横須賀道路馬堀海岸ICから約2km
問い合わせ TEL:045-844-4122
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
神奈川県立観音崎公園

観音崎公園

三浦半島の東端、浦賀水道に突き出した岬一帯が神奈川県立観音崎公園(横須賀市)。文化9年(1812年)には幕府の命で会津藩が観音崎台場を築き、明治13年には帝国陸軍の東京湾要塞の一部、観音崎砲台が置かれた場所。そのため豊かな自然が残されていま

旧水道トンネル(走水第二隧道)

旧水道トンネル(走水第二隧道)

初夏には潮干狩りで賑わう神奈川県横須賀市の走水海岸。走水海岸と馬堀海岸を結ぶ歴史ある隧道(トンネル)が走水第一隧道、走水第二隧道。走水海岸側の走水第二隧道が明治15年、馬堀側の走水第一隧道が明治16年の開削で、フランス人技師ヴェルニーが計画

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ