継桜王子(野中の一方杉)

継桜王子(野中の一方杉)

和歌山県田辺市中辺路町、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産でもある熊野古道(国の史跡「熊野参詣道」)・中辺路(なかへち)にあるのが継桜王子(つぎざくらおうじ)。熊野九十九王子社(くまのくじゅうくおうじ)のひとつで、社(江戸時代までは若一王子権現)の神社の鎮守の森が野中の一方杉と呼ばれる杉の巨木群です。

一方杉の枝の指す方向が那智山

継桜王子(野中の一方杉)
野中の一方杉、枝の先に那智山(那智十三所権現社)が!

継桜王子は、比曽原王子(ひそはらおうじ)と中ノ河王子(なかのかわおうじ)の間にある王子で、野中集落にあります。

天仁2年(1109年)の『中右記』(ちゅうゆうき=中御門・右大臣藤原宗忠の日記)に根元がヒノキで上部が桜という希有な木が記されていますが、これが「継桜」の由来。
若一王子権現(にゃくいちおうじごんげん=本地仏は十一面観音である神仏習合の神で、五所王子の第一位)が祀られていましたが、神仏分離後の明治42年に近野神社に合祀されて廃絶。
昭和25年になってようやく復興されています。

往時の桜は途絶え、江戸時代には徳川家康の十男で、紀州徳川家の祖である徳川頼宣(とくがわよりのぶ=徳川吉宗の祖父)が山桜を植えていますが、それも明治22年の水害で流出。
源義経を匿ったことで知られる奥州・平泉の藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の熊野詣での伝承から「秀衡桜」とも呼ばれましたが、藤原秀衡が熊野参詣をしたという史実はありません。

「野中の一方杉」は、明治の博物学者・南方熊楠(みなかたくまぐす)もこの鎮守の森に注目し、植物採取を行なったほか、神社合祀に反対して存続運動を展開しました。
明治41年には野中集落の「松屋」に宿泊し、一方杉とその上部の雑木林を失えば、杉も枯れると警告。
神社合祀問題では、合祀に反対し、鎮守の森の保存に尽力しますが、明治政府と地元村会の強引な神社合祀行動で、ついに9本以外の杉は切られて南方熊楠は大いに落胆しているのです。
南方熊楠のこうした自然保護活動の地13ヶ所(中辺路では他に高原熊野神社)は、「南方曼陀羅の風景地」として名勝に指定されています。

残された杉を見ると、那智山の方向に枝を伸ばしていて、これが一方杉と呼ばれる名の由来だということがよくわかります。

継桜王子の前の崖下、旧国道沿いには日本名水百選のひとつ野中の清水が湧出。

近露王子から4.4km、徒歩1時間10分。
比曽原王子から1.2km、20分。
野中の清水まで車でも到達可能です。

名称 継桜王子(野中の一方杉)/つぎざくらおうじ(のなかのいっぽうすぎ)
所在地 和歌山県田辺市中辺路町野中
関連HP なかへち町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR紀伊田辺駅から龍神バス熊野本宮大社行きで1時間25分、野中一方杉下車、徒歩30分
ドライブで 阪和自動車道南紀田辺ICから約39km
駐車場 野中の清水駐車場(3台/無料)を利用
問い合わせ なかへち町観光協会(熊野古道館内)TEL:0739-64-1470
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
野中の清水

野中の清水

和歌山県田辺市中辺路町野中、野中坂巻山の中腹に湧く清水が野中の清水。熊野古道・中辺路(なかへち)沿い、「野中の一方杉」のある継桜王子社の真下に位置し、古来から熊野詣に訪れる人々の喉を潤し、『古今和歌集』にも歌が記載されています。歴史ある名水

高原熊野神社

高原熊野神社

和歌山県田辺市、熊野本宮へとつながる熊野古道・中辺路(なかへち)の高原(たかはら=不寝王子と大門王子の間)にある古社が高原熊野神社。応永年間(1394年~ 1428年)に若王子(にゃくおうじ)を熊野本宮から勧請して創建。朱塗り檜皮葺、春日造

比曽原王子

比曽原王子

和歌山県田辺市、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産となる熊野古道・中辺路(なかへち)、熊野九十九王子(くまのくじゅうくおうじ)のひとつで、近露王子(ちかつゆおうじ)と継桜王子(つぎざくらおうじ)の間に位置するのが比曽原王子(ひ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ