観音崎公園

神奈川県立観音崎公園

三浦半島の東端、浦賀水道に突き出した岬一帯が神奈川県立観音崎公園(横須賀市)。文化9年(1812年)には幕府の命で会津藩が観音崎台場を築き、明治13年には帝国陸軍の東京湾要塞の一部、観音崎砲台が置かれた場所。そのため豊かな自然が残されています。突端の高台には、日本最初の洋式灯台、観音埼灯台が建っています。

海岸と照葉樹林の森に敷石園路が続く

要塞となって守られた観音崎の自然は、シイやタブが茂る照葉樹林。
海岸線は、東京湾唯一の岩礁海岸となっています(観音崎の自然に関しては「観音崎自然博物館」で展示解説されています)。

観音崎バス停(P1、P2駐車場)の周辺が観音崎園地で、レストハウスやバーベキュー園地があり、もっともにぎやかなエリア。
その西側には「横須賀美術館」、三軒家園地があります。
三軒家園地には、明治29年に配置され、昭和9年に廃止された三軒家砲台跡があり、砲座、地下弾薬庫、観測所、付属室、掩蔽部、井戸・便所跡などの遺構が現存しています。

観音崎バス停(P1、P2駐車場)から海岸沿いの園路を歩き、小さな岬を回ると、観音崎の地名の由来となった観音崎洞窟、観音寺の跡地があります。
一帯の岩礁地帯が海岸園地で、浦賀水道、そして富津岬を眼前にします。

海岸沿い園路を浦賀水道を行き交う船を眺めながら歩けば、江戸時代の鳶ノ巣台場(鳶巣崎台場)建設時に掘削されたという素掘りの隧道があり、隧道を抜けると南側の展望園地へと通じています。
「観音崎自然博物館」があり、駐車場(P5)も整備されています。

各園地から高台に上がれば、北門第一砲台跡、海の見晴台、戦没船員の碑、走水展望広場などが整備されています。
園路に使われる敷石は、横浜市電の軌道用敷石だったもので、御影石(みかげいし)。

70.4haという広大な自然公園のため、出かける前に目的を定め、ドライブの場合は、車を入れる駐車場を決めておくのがおすすめです。
土日は駐車場も有料となりますが、シーズン中は観音崎バス停(P1、P2駐車場)は混雑するので避けるのが賢明です。

食事は、「横須賀美術館」内にイタリアンの名店「横須賀アクアマーレ」(観覧券無しで外来利用可能)、「観音崎自然博物館」横にブイヤベースが自慢の「レストランマテリア」が営業。
また観音崎公園近くの観音崎京急ホテルのレストラン「浜木綿」(はまゆう)も外来利用が可能です。

ちなみに、観音崎の高台にある展望タワーのような施設は、東京湾海上交通センターの観音埼レーダー施設(海上保安庁)。
浦賀水道(世界有数の海上交通路)を航行する船の大きさ、位置、針路、速力などの情報を他の船に知らせ、航路の安全を確保するための施設です。

名称 観音崎公園/かんのんざきこうえん
所在地 神奈川県横須賀市鴨居4-1120
関連HP 観音崎公園公式ホームページ
電車・バスで JR横須賀駅から京浜急行バス観音崎行きで行きで35分、終点下車
ドライブで 横浜横須賀道路馬堀海岸ICから約3.5km
駐車場 観音崎公園県営駐車場(312台/1月1日〜3日、GW、7月〜8月、土・日曜、祝日は有料、その他の期間は無料)
問い合わせ 観音崎公園パークセンター TEL:046-843-8316
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
観音埼灯台

観音埼灯台

1866(慶応2)年、アメリカ、イギリス、フランス、オランダと結んだ改税条約(江戸条約)によって建設を約束した8ヶ所の条約灯台のひとつで、もっとも早く完成、点灯した洋式灯台が県立観音崎公園の高台に建つ観音埼灯台。現在の灯台は大正14年築の3

観音崎洞窟

観音崎洞窟

観音崎公園内にある観音崎という地名の発祥の地となる海蝕洞が観音崎洞窟。観音崎バス停からは海沿いの園路を徒歩5分。別名、権現洞といわれる海食洞で、内部への立ち入りは不可。天平13年(741年)、諸国行脚途中の行基がここに立ち寄り、大蛇を退治、

観音崎公園の素掘りトンネルは、幕末の台場跡!?

昭和20年8月の終戦まで旧軍の要衝地帯として幕末からの長きにわたり、一般の立ち入りが厳しく制限されてきた観音崎。実は、それゆえに、知られざる不思議なスポットが数多く残されています。観音崎公園の海岸園路に不思議なトンネルが!現在は豊かな自然が

走水神社

走水神社

神奈川県横須賀市走水にある古社が走水神社(はしりみずじんじゃ)。観音崎の付け根に位置する走水は、その名の通り海岸に貴重な水の湧く場所。さらに対岸の富津岬と結ぶ、海上交通の要衝(狭義の東京湾は観音崎と富津岬を結ぶ線)で、日本武尊(やまとたける

観音崎砲台・北門第一砲台跡

観音崎砲台・北門第一砲台跡

東京湾の入口に突き出した観音崎は、幕末に江戸湾防備の台場が、さらに明治以降は首都圏防衛の東京湾要塞の砲台が築かれた場所。明治2年に初点灯した観音埼灯台も江戸時代には台場が築かれた地。その観音埼灯台の南側にあるのが観音崎砲台・北門第一砲台跡で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ