相模国分尼寺跡

相模国分尼寺跡

神奈川県海老名市、歴史公園として保存される史跡相模国分寺跡の北500mに位置するのが相模国分尼寺跡。天平13年(741年)、聖武天皇の詔で仏教による国家鎮護のため、諸国に建立された国分尼寺のひとつで、国の史跡になっています。国分尼寺の遺構が確認された貴重な史跡です。

相模国分尼寺の西側には日本最古級の運河も

相模国分寺は、特異な例で法隆寺式伽藍配置ですが、相模国分尼寺は、中央に金堂を配し、講堂・中門・回路で囲む一般的な「国分寺式」(東大寺が総国分寺であるため東大寺式とも)の伽藍配置に。
つまりは、中門、金堂、講堂が南北一直線に配置されています。

金堂跡には高さ1mほどの基壇上に礎石が16個が見つかっていますが、講堂跡の基壇や礎石は発掘されず、詳細は不明です。

逆川は、かつて相模国分尼寺と相模国分寺の間を流れる運河(奈良時代に掘削)だったといわれ、船着場とみられる遺構(平安時代以前の階段跡)も見つかっています。
目久尻川の水を取り入れた人工の河川で、昭和40年代までは水が流れていましたが、現在ではその姿を失っていますが、運河であれば日本最古級に。

ちなみに、相模国の総社(国司が参拝するため、国内の諸神を合祀し、国府近くに建立された神社)は六所神社(大磯町)、一之宮は寒川神社 (寒川町) 、二之宮が川勾神社 (二宮町)、三之宮が比々多神社 (伊勢原市) 、四之宮が前鳥神社 (平塚市)とされています。

相模国分尼寺跡
名称 相模国分尼寺跡/さがみこくぶんにじあと
所在地 神奈川県海老名市国分北2-6-27
関連HP 海老名市公式ホームページ
電車・バスで JR・小田急海老名駅から徒歩15分
ドライブで 東名高速道路綾瀬スマートICから約4km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 海老名市教育部教育総務課 TEL:046-235-4925
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

寒川神社

神奈川県高座郡寒川町にある相模国(さがみのくに)一之宮が寒川神社。相模川河口から7kmほど内陸に鎮座していますが、現社地が往時の河口と推測できます。さらに上流にはかつて相模国分寺があり、古代の相模国の中心だった場所です。5世紀創建と伝わる古

相模国分寺跡

相模国分寺跡

神奈川県海老名市、小田急電鉄・相模鉄道・JR海老名駅の東側500mほどにある台地上に位置するのが相模国分寺跡。天平13年(741年)、聖武天皇の詔で仏教による国家鎮護のため、諸国に建立された国分寺のひとつで、相模国(さがみのくに)の国分寺の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ