弘明寺公園

弘明寺公園

神奈川県横浜市南区、京急電鉄・弘明寺駅(ぐみょうじえき)の西側の丘陵を活かした4.5haの都市公園が、弘明寺公園。もともとは、弘明寺の寺地でしたが、第二次世界大戦の防空緑地計画で、昭和15年から公園整備されたもの。戦時下では高射砲陣地が置かれた高台には、展望休憩所も設置されています。

展望塔からはランドマークタワー、ベイブリッジを一望に

弘明寺公園

面積4.5haは、9.5haの清水ケ丘公園に次いで、横浜市南区では2番目の大きな公園。
弘明寺駅前から展望休憩所まで、全長500mのウォーキングコースが整備されています。
公園内は森が大部分で、丘の上には複合遊具のある子どもの遊び場、健康遊具広場などが整備され、桜、アジサイ、モミジなどが植栽されています。
展望休憩施設(展望塔)に上れば、ランドマークタワー、ベイブリッジを眺望。

弘明寺公園内には、横浜市南図書館があり、その屋上が弘明寺公園プールに。
買い物などは弘明寺商店街があるので、1日たっぷりと過ごすことができます。

弘明寺の山林が防空緑地として守られた!

戦争へと突入する中で、昭和12年、防空法が公布されて空への守りが重要視され始め、昭和16年11月には防空法の改正で防空緑地の設置が定められます。

横浜の防空緑地は、都市計画東京地方委員会が策定した東京緑地計画の緑地を踏襲し、数多くの防空緑地が築かれました。
戦争の激化で、公園化は中断され、横浜の都市防空のため、昭和19年末には、高射第1師団の高射砲第117連隊が配置され、大隊が磯子から本牧にかけての丘と、保土ヶ谷から野毛山にかけての丘などに、12センチ高射砲6門、8センチ高射砲12門を構えたのです。
戦後、公園化された防空緑地の代表格が県立保土ケ谷公園、県立三ツ池公園ですが、この弘明寺公園もそのひとつです。

弘明寺公園
名称 弘明寺公園/ぐみょうじこうえん
所在地 神奈川県横浜市南区弘明寺町244-5
電車・バスで 京急弘明寺駅からすぐ
ドライブで 首都高速花之木ICから約3km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
弘明寺(弘明寺観音)

弘明寺(弘明寺観音)

神奈川県横浜市南区弘明寺町にある高野山真言宗の名刹が、弘明寺(ぐみょうじ)。寺伝によれば、天平9年(737年)、行基開山という横浜市内最古の寺で、本尊の木造十一面観音立像(国の重要文化財)は弘明寺観音として尊崇されています。源頼朝の発願とさ

弘明寺駅

弘明寺駅

神奈川県横浜市南区弘明寺町にある京浜急行電鉄本線の駅が、弘明寺駅(ぐみょうじえき)。駅の東側すぐに駅名の由来となった弘明寺、西側には弘明寺公園が広がっています。横浜市交通局ブルーラインの弘明寺駅は、少し離れた東側にあり、徒歩での移動は10分

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ