佐田沈下橋

洪水の多い四万十川(しまんとがわ)では川の増水時には水の抵抗を少なくするため、水中に沈むようにと設計された橋が架けられています。これが沈下橋(ちんかばし)といわれるもので、現在は本流に大小合わせて21本の沈下橋が架橋。もっとも下流に位置するのが最長の長さを誇る佐田沈下橋(今成沈下橋)です。

四万十川の沈下橋で最長の橋

佐田沈下橋は、全長291.61m、幅員4.2m、佐田地区と今成地区を結ぶ市道として昭和46年に着工、翌年に完成したもの。
とくに欄干やガードレールはありませんが、運転に自信があれば車で渡ることも可能です。

四万十市内だけでも、最下流で最長の佐田沈下橋のほかに、三里沈下橋(深木沈下橋/全長:145.8m、幅員:3.3m)、高瀬沈下橋(全長:232.3m、幅員:3.4m)、勝間沈下橋(全長:171.4m、幅員:4.4m)、口屋内沈下橋(屋内大橋/全長:241.3m、幅員:3.6m)、撮影スポットとして人気の岩間沈下橋(全長:120.0m、幅員:3.5m)、長生沈下橋(全長:120.0m、幅員:3.1m)、中半家沈下橋(全長:125.9m、幅員:4.3m)、半家沈下橋(全長:124.5m、幅員:3.3m)の沈下橋があります。
 

佐田沈下橋 DATA

名称 佐田沈下橋/さだちんかばし
所在地 高知県四万十市佐田
関連HP 四万十市観光協会
電車・バスで 土佐くろしお鉄道中村駅からタクシーで10分
ドライブで 高知自動車道中土佐ICから約74km。または、松山自動車道西予宇和ICから約77.5km
駐車場 佐田沈下橋駐車場/無料
問い合わせ 四万十市観光協会TEL:0880-35-4171/FAX:0880-34-1144
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・画像協力/(公財)高知県観光コンベンション協会

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ