掩体壕 大沢1号

掩体壕 大沢1号

東京都三鷹市、武蔵野の森公園内にある戦争遺跡が、掩体壕大沢1号(えんたいごうおおさわいちごう)。掩体壕とは飛行場に備わった空襲から航空機を守るためのコンクリート製の格納庫。一帯は、陸軍調布飛行場跡で、大沢1号の前には「飛燕」が格納されているイメージを表した模型が設置されています。

入口は塞がれていますが、陸軍調布飛行場の掩体壕が現存

伊豆諸島への新中央航空の定期路線の発着する東京都調布飛行場は、昭和16年4月30日に開設された東京調布飛行場が前身。
第二次世界大戦中は陸軍の飛行場となり、三式戦闘機「飛燕」などが配備され、帝都防衛の拠点となったのです。
飛燕には、同盟国・ドイツのダイムラー・ベンツ社製DB 601エンジンをライセンス生産し、ハ40として三式戦闘機に搭載。
日本軍戦闘機の中では唯一の液冷エンジン機でしたが、生産・整備、そして整備が困難で、量産できませんでした。

B-29爆撃機などを迎撃するため、飛行機が配備され、空襲から機体を守るための掩体壕が、滑走路周囲に60基ほど築かれたのです。
まさに「本土決戦」に備え、貴重な戦闘機を格納するための施設でした。

現存するコンクリート製の掩体壕は、三鷹市側の大沢1号、大沢2号、府中市の白糸台、府中市朝日町の住宅地(私有地)に残された1基の合計4基です。

掩体壕 大沢1号
掩体壕 大沢1号
名称 掩体壕 大沢1号/えんたいごう おおさわいちごう
所在地 東京都三鷹市大沢6-11-20
電車・バスで 西武鉄道多磨駅から徒歩15分
ドライブで 中央自動車道調布ICから約3km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
掩体壕 大沢2号

掩体壕 大沢2号

 東京都三鷹市、武蔵野の森公園の展望台の北側にある第二次世界大戦の戦争遺跡が、掩体壕大沢2号(えんたいごうおおさわにごう)。掩体壕とは飛行場に備わった空襲から航空機を守るためのコンクリート製の格納庫。一帯は、戦時中に陸軍調布飛行場

調布飛行場門柱

調布飛行場門柱

伊豆諸島(三宅島、神津島、新島、大島)への新中央航空の定期路線の発着する東京都調布飛行場は、昭和16年4月30日に開設された東京調布飛行場が前身。その開設当時の門柱が、東京都調布飛行場近くの大沢グラウンド道路脇(東京都三鷹市大沢5丁目)にモ

武蔵野の森公園・展望台

武蔵野の森公園・展望台

東京都三鷹市大沢6丁目、調布飛行場(東京都営の空港)の北側、大沢グラウンド通り沿いの高台にあるのが、武蔵野の森公園・展望台。調布飛行場の滑走路を眼前にする飛行機ウォッチングのポイントのひとつで、伊豆諸島を結ぶ新中央航空ドルニエ228の離発着

武蔵野の森公園・展望の丘

武蔵野の森公園・展望の丘

東京都三鷹市大沢6丁目、調布飛行場(東京都営の空港)の北側、大沢グラウンド通り沿いの高台にあるのが、武蔵野の森公園・展望の丘。調布飛行場の滑走路の北端に位置する飛行機ウォッチングのポイントで、伊豆諸島を結ぶ新中央航空ドルニエ228の離発着を

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ