とさでん交通はりまや橋停留場(ダイヤモンドクロス)

とさでん交通はりまや橋停留場(ダイヤモンドクロス)

高知県高知市、全国的にも有名な観光名所はりまや橋の横、はりまや交差点にある、とさでん交通の電停がはりまや橋停留場。高知駅から南北に走るはりまや通りと、 それに直交する国道との交差点ですが、全国的にも唯一という路面電車が平面交差で直交するダイヤモンドクロスになっています。

路面電車では全国唯一のダイヤモンドクロス

とさでん交通はりまや橋停留場(ダイヤモンドクロス)

はりまや橋停留場には、とさでん交通の後免線、伊野線、桟橋線の3路線が乗り入れ、東西の路線(後免線・伊野線)と南北の路線(桟橋線)がはりまや交差点上で平面交差(ダイヤモンドクロス=Diamond crossing)しています。

はりまや交差点の南側(海側)が桟橋線のはりまや橋停留場、西側(高知城側)が後免線・伊野線のはりまや橋停留場、そして交差点の東側が後免線・伊野線の電鉄ターミナルビル前停留場という構造になっています。

はりまや橋、電鉄ターミナルビル前はともに「乗り換え指定電停」で、直交する路線への乗り換えができます(乗車電停から目的地まで直通便がない場合に、エコノミーに利用できるシステムで、ICカード利用の場合はICカードリーダーにタッチするだけで自動で採用されますが、現金の場合は運転士から、運賃と引き換えに乗り換え・乗り継ぎ券を受け取る必要があります)。

路面電車が全盛の時代には、都電、名古屋市電、京都市電、大阪市電など全国にこのダイヤモンドクロスがありましたが、現在、路面電車でははりまや橋停留場のあるはりまや交差点が全国唯一となっています。

また直交型のダイヤモンドクロスも、伊予鉄道大手町駅(高浜線と大手町線)、名古屋鉄道名電築港駅(名鉄築港線と名古屋臨海鉄道東築線)と全国3ヶ所という貴重な例になっています。

とさでん交通はりまや橋停留場(ダイヤモンドクロス)
とさでん交通はりまや橋停留場(ダイヤモンドクロス)
名称 とさでん交通はりまや橋停留場(ダイヤモンドクロス)/とさでんこうつうはりまやばしていりゅうじょう(だいやもんどくろす)
所在地 高知県高知市南はりまや町1
関連HP とさでん交通公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伊予鉄道大手町駅・大手町駅前停留場(ダイヤモンドクロス)

伊予鉄道大手町駅・大手町駅前停留場(ダイヤモンドクロス)

愛媛県松山市にある伊予鉄道の郊外線である高浜線(高浜駅〜松山市駅)の駅が大手町駅、そして高浜線と直角に平面交差(ダイヤモンドクロス)する路面電車の大手町線(古町駅〜西堀端停留場)の電停が大手町駅前停留場で、日本でもこれほど見事なダイヤモンド

名電築港駅(ダイヤモンドクロス)

名電築港駅(ダイヤモンドクロス)

愛知県名古屋市港区大江町にある名鉄築港線(大江駅〜東名古屋港駅)の貨物駅、名古屋臨海鉄道東築線の貨物駅が名電築港駅。東西に走る名鉄築港線と南北に伸びる名古屋臨海鉄道東築線が直角に平面交差するダイヤモンドクロスになっていて、路面電車を除く鉄道

日本三大がっかり名所

日本三大がっかり名所とは!?

有名だから行ってみたけど、かなりガッカリした・・・、というのが喧伝(けんでん)されて誕生したと推測される「日本三大がっかり名所」。有名税にも思える、ちょっぴり不名誉な3ヶ所は、札幌市時計台(北海道札幌市)、はりまや橋(高知県高知市)、そして

はりまや橋

高知県民謡の『よさこい節』に歌われるはりまや橋(播磨屋橋)は、藩政時代に、高知城下で堀で隔てられていた豪商の播磨屋(はりまや)と、櫃屋(ひつや)がお互いの往来のために架けた橋。当時は木造の橋で、私橋でしたが、時代とともに架け替えられ、昭和3

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ