荒神谷史跡公園『荒神谷ハスまつり』|斐川町|2019

荒神谷史跡公園『荒神谷ハスまつり』

2019年7月6日(土)~7月7日(日)9:00~16:00、島根県出雲市の荒神谷史跡公園で『荒神谷ハスまつり』を開催。2000年ハス池には5000株、5万本の古代ハスが開花。例年、ハスの葉でお茶ジュースを飲む象鼻盃席(ぞうびはいせき)、斐川町特産品販売、ハス関連グッズの販売、喫茶コーナーなどを実施しています。

象鼻盃席にチャレンジを!

荒神谷史跡公園『荒神谷ハスまつり』

象鼻盃席(ぞうびはいせき)は、ハスのジュースやお茶、酒などを茎をストロー代わりにして飲む古代中国に伝わる消夏飲酒法。
飲む姿が象の鼻に似ていることからこの名がついたもの。
少し苦味を感じますが、ハスのエキスが暑気払いに効くのだとか。
1輪のハスの花の開花は4日間で、早朝から咲き始め、日暮とともに閉じてしまいます。
この花の開閉を3日間繰り返し、4日目の朝には完全に開ききり、花びらが散り始めます。
花の見頃は、6月中旬~7月下旬頃。
ちなみに2000年ハス池は、銅剣358本が出土した荒神谷遺跡のすぐ北側に位置しています。

荒神谷史跡公園『荒神谷ハスまつり』|斐川町|2019
開催日時 2019年7月6日(土)~7月7日(日)9:00~16:00
所在地 島根県出雲市斐川町神庭853
場所 荒神谷史跡公園
関連HP 出雲観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR荘原駅からタクシーで5分
ドライブで 山陰自動車道斐川ICから約2.4km
駐車場 荒神谷史跡公園南駐車場(125台)・北駐車場(64台)/無料
問い合わせ 公園管理棟 TEL:0853-72-7693/FAX:0852-72-7695
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
荒神谷史跡公園

荒神谷史跡公園

「出雲の原郷」とも呼ばれる島根県出雲市斐川町(ひかわちょう)。『出雲風土記』に記される仏経山(神名火山)の東3km、高瀬山北麓の小さな谷に位置する荒神谷遺跡。斐川町の小さな谷間から、昭和59年夏に358本という信じられない数の銅剣が出土。出

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ