桜淵公園

桜淵公園

愛知県新城市(しんしろし)、天竜奥三河国定公園に指定される豊川沿いの景勝地が桜淵公園。もともとは笠岩という地名でしたが、寛文2年(1662年)、交代寄合の初代新城領主・菅沼定実(すがぬまさだざね)が、美しい景観に目をつけ、桜を植栽させたことに始まります。「三河の嵐山」と称される桜、新緑の、紅葉の名所。

「三河の嵐山」と称される景勝地

桜淵公園
桜淵公園

その後、桜だけでなく、ツツジ、モミジも植えられて、「三河の嵐山」と称される景勝地へと発展。
公園内に植えられる桜は2500本。
開花期にはぼんぼりに灯りが入り、夜桜見物も楽しめます。

桜淵公園内には歩行者専用橋の笠岩橋が架かるほか、豊川でのボート遊びも楽しめます。
芝生広場には釜屋建民家が復元。
釜屋建民家は、平入りの主屋と妻入りの釜屋を1間(1.8m)ほど離して建てる分棟型の民家で、静岡県西部から愛知県東南部にかけて分布するもの。

また、近くの新城市青年の家にある旗頭山尾根26号墳(復元)は、大小の石を積み上げる古墳時代後期の積石塚古墳で、愛知県内では東三河にだけの形式です。

桜淵公園 DATA

名称 桜淵公園/さくらぶちこうえん
所在地 愛知県新城市庭野八名井田
関連HP 新城市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR飯田線新城駅・東新町駅から徒歩15分
ドライブで 新東名高速道路新城ICから約5km。東名高速道路豊川ICから約13km
駐車場 600台/無料(桜まつり期間中は有料)
問い合わせ 新城市観光協会 TEL:0536-29-0829
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ