雲厳禅寺

雲厳禅寺

熊本県熊本市の北西部、金峰山西麓にある曹洞宗の寺が雲厳禅寺(うんがんぜんじ)。南北朝時代の観応2年・正平6年(1351年)、足利直義(あしかがただうじ)の招きで来日した元の禅僧・東陵永璵(とうりょうえいよ)が開山したと伝えられています。境内には五百羅漢、宮本武蔵が『五輪書』を著したと伝えられる霊巌洞があります。

南北朝時代に開山の曹洞宗の寺

雲厳禅寺

境内にある五百羅漢は、肥前の国の石工・了善が安永8年(1779年)から25年を費やして完成させたもの。
肥後の豪商・淵田屋儀平が奉納し、息子の代に完成しています。

境内にある霊巌洞は、雲厳禅寺開山以前からの霊域で、宮本武蔵が晩年この霊巌洞に籠もり、『五輪書』を著したと伝えられています。

現在、熊本博物館に収蔵されている木造東陵永璵禅師倚像(雲厳禅寺の寺宝)は、鎌倉時代の作風を残す、室町時代の優れた彫刻として国の重要文化財になっています。
雲巌禅寺周辺は鼓ヶ滝が落ち、肥後耶馬溪といわれる景勝地となっています。

名称 雲厳禅寺/うんがんぜんじ
所在地 熊本県熊本市西区松尾町平山589
関連HP 熊本市公式ホームページ
電車・バスで JR熊本駅からタクシーで30分
ドライブで 九州自動車道熊本ICから約21km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 雲厳禅寺 TEL:096-329-8854/FAX:096-329-8960
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
霊厳洞

霊厳洞

熊本県熊本市、雲巌禅寺(うんがんぜんじ)の境内、奥の院にある洞窟・霊岩洞( れいがんどう )は、寺よりも歴史が古く、その昔、中国から四面馬頭観世音像を運んだとき、舟が転覆し観音像が漂着、この霊巌洞に安置されたと伝えられています。宮本武蔵が霊

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ