仙酔峡

仙酔峡

熊本県阿蘇市一の宮町の阿蘇神社から仙酔峡道路を走った終点が高岳・根子岳登山口の仙酔峡(せんすいきょう)。阿蘇カルデラの中央火口丘群、中岳と高岳の北麓にあり、中岳火口から上がる噴煙、阿蘇外輪山、九重連山まで望むロケーションに位置しています。ミヤマキリシマが5万株も生育し、開花期には実に見事。

仙人も酔うほどの絶景の渓谷

阿蘇五岳の中でも最もアルペン的な山容の根子岳やダイナミックな仙水尾根を派生する高岳を眺望するビューポイントになっている仙酔峡。
阿蘇山が爆発したときの溶岩流が造り出した峡谷で、「あまりの花の美しさに仙人も酔う」というのが名の由来です。
仙酔峡の西側で観察できる溶岩流は、楢尾岳火山の溶岩流です。

毎年5~6月に、仙酔峡に自生するミヤマキリシマが渓谷を埋め尽くすほどに咲き競います。
阿蘇高岳の北面の鷲ヶ峰、虎ヶ峰、ジャンダルムなどと名付けられた岩峰群は、実にアルペン的で、ミヤマキリシマ咲くのどかな斜面との対比が絵になるカットとしてカメラマンに人気です。
ロッククライミングの場としても人気ですが、脆い岩峰のため、転落事故も多く、「九州の谷川岳」とも呼ばれています。

阿蘇ユネスコジオパークの仙酔峡ジオサイトになっています。

仙酔峡から仙酔尾根コースで高岳を経て、2時間30分ほどで中岳に到達することができるますが、高岳へは「バカ尾根」と呼ばれるほど急登の連続。
仙酔峡ロープウェイ跡ルートは、仙酔峡から火口東駅跡、火口東展望所を経て中岳に到達するルートで、舗装道路のような登りやすい道が続き、所要2時間で中岳。
別世界のような火山風景が展開し、写真撮影にも絶好のルートです。
両ルートとも火山活動に留意の上、入山を。

仙酔峡
名称 仙酔峡/せんすいきょう
所在地 熊本県阿蘇市一の宮町宮地
関連HP 阿蘇市公式ホームページ
ドライブで 九州自動車道熊本ICから約42km
駐車場 150台/無料
問い合わせ 阿蘇市観光課 TEL:0967-22-3174
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中岳火口・火口東展望所

中岳火口・火口東展望所

阿蘇山、中岳火口の東側に位置する展望台が火口東展望所。ここからの眺望は火口はもちろん、中岳山頂を見上げる位置にあり、これが地球かと驚くほどの光景が展開します。仙酔峡と火口西展望所を結ぶ中岳・高岳登山のルート途中にあるため(火口東コース)、登

中岳火口

中岳火口

世界有数の活火山で阿蘇カルデラの中心に位置する阿蘇中岳。阿蘇山ループシャトルバスの阿蘇山上広場に降りるとそこは中岳山上の火山荒原だ。火山ガスの臭気が立ちこめるなか、火口縁まで遊歩道が設けられ荒涼たる砂千里ヶ浜を歩くことが可能。周囲4kmの巨

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ