倉沢人形歌舞伎|花巻市

倉沢人形歌舞伎

毎年11月23日14:00〜16:00、岩手県花巻市の倉沢人形歌舞伎伝承館で『倉沢人形歌舞伎』が行なわれます。菅野常次郎氏が、子供時代に見た水押人形芝居(現・北上市)に興味を持ち、明治27年に自作の人形と道具で義太夫節に合わせ台詞を話すという人形芝居を創始。歌舞伎の舞台と台詞を人形芝居に置き換えて演じるのが特長。

歌舞伎の舞台を人形で上演

明治20年、倉沢の福倉寺で上演された水押人形芝居(江刺郡福岡村水押/現・北上市口内町)に感動した菅野常次郎氏(明治11年、倉沢村生まれ)は、自ら歌舞伎を習い覚え、これを元に人形芝居を創作して村の有志と上演。
孫の菅野芳治氏が人形歌舞伎を受け継ぎ、菅野家の旧宅を「倉沢人形歌舞伎伝承館」という上演場に改装し、活動の場にしています。

浄瑠璃本による人形劇を演じる人形は丈2尺ほど。
人形遣い、義太夫語り、笛、太鼓、鉦、三味線など22人で構成されています。
演目は『三番叟』(さんばそう)、『奥州安達ヶ原』、『絵本太功記 』(明智光秀が主人公で「三日天下」を描いています)など。

倉沢人形歌舞伎|花巻市
開催日時 毎年11月23日14:00〜16:00
所在地 山形県花巻市東和町倉沢4区81
場所 倉沢人形歌舞伎伝承館
関連HP 花巻市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR土沢駅からタクシーで10分
ドライブで 釜石自動車道東和ICから約9km
問い合わせ 花巻観光協会 TEL:0198-29-4522
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ