平等院

平等院

平安時代には、『源氏物語』光源氏のモデルといわれる左大臣源融(みなもとのとおる)の別荘でしたが、1052(永承7)年に藤原頼通が父・道長の別荘を寺に改め大伽藍を造営したのが、宇治の平等院。いずれの宗派にも属さない単立寺院で、その名は仏の救済は平等であることを意味しています。世界遺産「古都京都の文化財」の構成要素の一つ。

華やかな藤原摂関時代を偲ぶ宇治の名刹

平等院鳳凰堂
平等院鳳凰堂

阿弥陀堂は、鳳凰(ほうおう=中国神話の伝説の霊鳥)が翼を広げたような優美な姿から鳳凰堂と呼ばれ、中堂・両翼廊・尾廊の4棟が国宝に指定され、10円硬貨に刻まれています。

安置される定朝(じょうちょう)作の阿弥陀如来坐像、壁に描かれた52体の木造雲中供養菩薩像や鳳凰一対、「九品来迎図」なども国宝。

鳳凰堂の前には創建当初の姿に復元整備された浄土庭園(国の名勝)が広がり、その全体が世界遺産に登録されています。
極楽浄土が具現化された庭園ですが、「阿弥陀堂側から眺めるように設計されている」(植治次期12代小川勝章さん)とのこと。

ちなみに、釈尊の入滅を『周書異記』に基づく紀元前943年として、末法第一年を平安末期の永承7年(1052年)とする考えから、関白・藤原頼通は、宇治の平等院に「西方極楽浄土」を具現化した鳳凰堂(阿弥陀堂)を建築したのです。
つまりは、鳳凰堂の背景には平安時代に隆盛した末法思想があったのです。

平安時代の平等院には、大日如来を安置する本堂、不動堂、五大堂、愛染堂、多宝塔などの堂宇が建ち並んでいましたが、南北朝時代の戦火などで阿弥陀堂(鳳凰堂)だけが奇跡的に焼け残っています。
かつての本堂跡に建つ観音堂は鎌倉時代の築で、国の重要文化財。

併設の「平等院ミュージアム鳳翔館」には各国宝を収蔵展示。

阿弥陀堂中堂の大棟の南北両端に据えられていた1対の鳳凰。
保存のため現在大棟に載せられているものは複製品。
国宝に指定された本物は「平等院ミュージアム鳳翔館」に収蔵展示されているのでお見逃しなく。

「姿の平等院鐘」と呼ばれる平等院の鐘(他に「声の園城寺」、「銘の神護寺」、「勢の東大寺」)は、平安時代を代表する名鐘で国宝に指定されています。
神護寺、三井寺(園城寺)の梵鐘とともに日本三名鐘(「天下の三名鐘」)のひとつ。
鐘楼には複製品が懸けられ本物はやはり鳳翔館に。

平等院鳳凰堂

平等院 3つのチェックポイント

国内では最も密度の高い国宝の集積空間
平安時代の浄土庭園(極楽浄土を具現化)が現存!
世界遺産「古都京都の文化財」構成資産

平等院 DATA

名称 平等院/びょうどういん
Byodoin Temple
所在地 京都府宇治市宇治蓮華116
関連HP 平等院公式ホームページ
電車・バスで 京阪電鉄宇治駅から徒歩10分、またはJR宇治駅から徒歩10分
ドライブで 京滋バイパス宇治東ICから約2.2km。または、宇治東ICから約3.9kmで宇治駐車場
駐車場 宇治駐車場(200台/有料)
問い合わせ TEL:0774-21-2861/FAX:0774-20-6607
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
平等院『秋の特別夜間拝観』(紅葉ライトアップ)

平等院『秋の特別夜間拝観』(紅葉ライトアップ)|宇治市|2019

2019年11月16日
浄土庭園

【旅の百科事典】 末法思想

2018年3月11日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ