滝尾百穴横穴古墳群

滝尾百穴横穴古墳群

大分県大分市、滝尾中学校グランド北側の岩壁にある、大小84基の横穴墓群が、滝尾百穴横穴古墳群(たきおひゃっけつよこあなこふんぐん)。火山層の崖に、上下3段になって横穴墓が築かれ、古墳時代後期後半(6世紀)に造られた、集団墓的な内容の家族墓だと推測されています。

大分市にある古墳時代の横穴墳墓

滝尾百穴横穴古墳群

古墳の入口の石蓋は、崩壊して現存していません。
横穴墓は、通路である羨道(せんどう)、被葬者を安置する玄室(げんしつ)で構成され、
墓穴の構造は、床が正方形、長方形で、天井部分はドーム形、カマボコ形、鴨居表現をもつ妻入り家形などがあります。
埋葬者は、地域の有力者(首長)などではなく庶民ということに。

滝尾中学校のグラウンド横にあるので、グラウンド側から眺めると不思議な空間に。
大分市立滝尾中学校の敷地内ということで、敷地外からの見学が原則となります。

滝尾百穴横穴古墳群
滝尾百穴横穴古墳群
名称 滝尾百穴横穴古墳群/たきおひゃっけつよこあなこふんぐん
所在地 大分県大分市羽田349
関連HP 大分市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR大分駅から米良経由パークプレイス公園通り行き10分、 米良バイパス入口下車、徒歩35分。または、米良行きで8分、滝尾小学校前下車、徒歩すぐ
ドライブで 東九州自動車道大分米良ICから約2km
問い合わせ 大分市文化財課 TEL:097-537-5639
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ