青函トンネル入口広場

青函トンネル入口広場

青森県東津軽郡今別町、全長53.85kmの世界最長の海底トンネル、青函トンネルの本州側の入口を眺める展望台が青函トンネル入口広場。北海道新幹線が青函トンネルを出入りする様子を間近で見ることができます。冬期(12月末〜3月中旬)は、広場までの道路が除雪されないため、使用できません。

北海道新幹線、JR貨物のコンテナ、臨時列車が通り抜ける

青函トンネル入口広場

青函トンネルは、昭和63年3月13日に鉄道用海底トンネルとして開通し、平成28年3月26日から北海道新幹線の新青森~新函館北斗間の開業に伴って新幹線も供用する三線軌条(3本のレールが敷かれています)のトンネルとなっています。

駐車場から線路の下をアンダーパスした先に、「お立ち台」と呼ぶには立派すぎるような展望台が設けられ、線路沿いにはベンチを配置。

青函トンネル入口広場の駐車場近くには、トンネル神社が祀られていますが、祭神は叶明神でトンネル貫通時に出た石を祀っています。
また、トンネル貫通時の「貫通石」も設置されているのでお見逃しなく。

駐車場にあるトイレは、北海道新幹線を走るE5系、H5系の色でカラーリング。
窓下の帯がグレーなのは、E5系のピンク色帯(JR東日本)、H5系の彩香パープル帯(JR北海道)の両社に配慮してのこと。

最寄りの駅は津軽浜名駅で、徒歩35分ほどかかります。

ちなみに青函トンネルは新幹線だけでなく、JR貨物も利用し、最大20両編成のコンテナ列車が臨時も含め50本ほど運転されています。
また、JR東日本の「TRAIN SUITE 四季島 」など臨時列車が走行することもあり、その際には多くの撮り鉄が集まります。

青函トンネル入口広場
本州側のトンネル入口扁額は、時の首相、中曽根康弘の揮毫
青函トンネル入口広場
名称 青函トンネル入口広場/せいかんとんねるいりぐちひろば
所在地 青森県東津軽郡今別町浜名黒崎地内
関連HP 今別町公式ホームページ
電車・バスで JR津軽浜名駅から徒歩35分
ドライブで 東北自動車道青森ICから約59km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 今別町産業観光課 TEL:0174-35-3005
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
青函トンネル記念館

青函トンネル記念館

総延長53.85kmで世界一長い海底鉄道トンネルの青函トンネル。構想から50年、着工から24年という歳月を費やした国の巨大プロジェクトです。青函トンネルの歴史と工事の概要を紹介する記念館で、津軽半島最北端の竜飛崎に建つのが青函トンネル記念館

青函トンネル竜飛斜坑線・体験坑道駅

青函トンネル竜飛斜坑線・体験坑道駅

青森県東津軽郡外ヶ浜町の青函トンネル記念館内にあるケーブルカーが青函トンネル竜飛斜坑線。青函トンネル工事の際の作業員や物資の輸送などを目的として建設されたもので、完成後には観光用、トンネル非常脱出用に運用されています。青函トンネル記念館駅か

新幹線展望塔

新幹線展望塔

北海道上磯郡知内町(しりうちちょう、青函トンネルの北海道側入口(湯の里知内信号場)を眺めるため、平成28年11月7日にオープンしたのが新幹線展望塔。青函トンネルは海を渡り道内に入ってからも福島町内はトンネルで通過し、ようやく知内町の湯ノ里地

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ