第二小入川橋梁

第二小入川橋梁

秋田県山本郡八峰町、日本海沿いを走るJR五能線のあきた白神駅〜岩館駅間、小入川に架る橋梁が第二小入川橋梁(だいにこいりかわきょうりょう)。山側を走る国道101号に小入川橋が架かり、橋の海側の路側に歩道が設けられ、そこが第二小入川橋梁を渡る五能線列車のビューポイントになっています。

国道101号の橋上から「リゾートしらかみ」を撮影

第二小入川橋梁


第二小入川橋梁は小入川と川沿いの集落をまたいで、大正15年に架橋されたデッキガーター橋。
橋長174m、8基の橋脚を有し、橋の高さは23.4mで、日本海越しに風車が回る男鹿半島を眺望する五能線屈指の鉄道撮影地になっています。

橋脚はコンクリートの芯に割り石を練積みにした円錐形石積み橋脚で、レトロな雰囲気を醸し出しています。

撮影する人の狙いは、「リゾートしらかみ」(3往復なので1日6回チャンスがあります)で、普通列車の五能線カラーなどを狙う人も。
小入川橋の岩館側には101号小入川パーキングがあり、「五能線撮影名所 第二小入川橋梁」の看板も立っています。

五能線には、深浦海岸も撮影地として有名。
さらに驫木駅(とどろきえき)は海に臨む絶景駅です。

第二小入川橋梁
第二小入川橋梁
名称 第二小入川橋梁/だいにこいりかわきょうりょう
所在地 秋田県山本郡八峰町八森小入川
ドライブで 秋田自動車道能代南ICから約32km
駐車場 101号小入川パーキングを利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
深浦海岸(五能線)

深浦海岸(五能線)

青森県深浦町の深浦海岸を走るJR五能線は、鉄道の車窓風景の中で、国内屈指の絶景といわれる場所です。とくに深浦海岸・行合崎(ゆきあいざき)、塩見崎・黒島あたりの海岸は沿線随一の景勝地。併走する国道101号の車窓からの眺めも雄大ですが、時間が許

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ