『どんぐりころころ』歌碑

『どんぐりころころ』歌碑

宮城県宮城郡松島町、仙台藩主の観月の「月見御殿」、そして迎賓館としても機能した「観瀾亭」(かんらんてい)の敷地内に立つのが、『どんぐりころころ』歌碑。『どんぐりころころ』(作詞・青木存義、作曲・梁田貞)を作詞した青木存義(あおきながよし)は、松島町の出身です。

大正10年、青木存義が故郷・松島を想って誕生した唱歌

青木存義は、東京帝国大学卒業後、東京音楽学校教授、そして文部省図書編集部長、旧制新潟高等学校校長などを歴任していますが、文部省在職中の大正10年(大正11年とも)、松島での幼き日を偲んで作詞したのが童謡『どんぐりころころ』。
唱歌集『かはいい唱歌』に収録されています。

青木存義は昭和10年に没していますが、『どんぐりころころ』は、昭和22年、小学校用の最後の国定教科書とも呼ばれる文部省著作教科書『二年生のおんがく』に採用されて有名に。

松島町では、昭和59年4月、観瀾亭前庭に歌碑が建立、さらに昭和62年、青木存義の母校である松島町立松島第五小学校(旧・幡谷小学校)の正門横にも歌碑が立っています。

『どんぐりころころ』歌詞

どんぐりころころ ドンブリコ
お池にはまって さあ大変
どじょうが出て来て 今日は
坊ちゃん一緒に 遊びましょう

どんぐりころころ よろこんで
しばらく一緒に 遊んだが
やっぱりお山が 恋しいと
泣いてはどじょうを 困らせた

『どんぐりころころ』歌詞/唱歌集『かはいい唱歌』収録

『どんぐりころころ』

団栗(どんぐり)ころころ どんぶりこ
お池にはまつて さァ大変
泥鰌(どぢやう)が出て来て 今日は!
坊ちやん一緒に 遊びませう

団栗ころころ 喜んで
暫(しばらく)一緒に 遊んだが
やつぱり小山が 恋しいと
泣いては泥鰌を 困らせた

『どんぐりころころ』歌碑
名称 『どんぐりころころ』歌碑/『どんぐりころころ』かひ
所在地 宮城県宮城郡松島町松島町内56
関連HP 松島町公式ホームページ
電車・バスで JR松島海岸駅から徒歩5分
ドライブで 三陸自動車道松島海岸ICから約3.4km
駐車場 松島公園第1駐車場(26台/有料)、第3駐車場(35台/有料)、第4駐車場(55台/有料)、第5駐車場(280台/有料)
問い合わせ 松島町教育課 TEL:022-354-5714/FAX:022-354-3140
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
観瀾亭

観瀾亭

宮城県宮城郡松島町、松島湾に突き出した月見崎(つきみさき)と呼ばれる景勝地にある歴史的建造物が観瀾亭(かんらんてい)。豊臣秀吉が築城した伏見桃山城にあった茶室を文禄年間(1593年~1596年)に伊達政宗がもらい受けたものと伝承されています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ