深浦海岸(五能線)

深浦海岸(五能線)

青森県深浦町の深浦海岸を走るJR五能線は、鉄道の車窓風景の中で、国内屈指の絶景といわれる場所です。とくに深浦海岸・行合崎(ゆきあいざき)、塩見崎・黒島あたりの海岸は沿線随一の景勝地。併走する国道101号の車窓からの眺めも雄大ですが、時間が許せば五能線に乗車するのもおすすめです。

深浦の美しい海岸を車窓から見学

深浦海岸(五能線)

展望車連結の快速「リゾートしらかみ」も秋田~青森間に運転(新幹線接続は秋田駅、新青森駅で)。
全車指定席なので乗車にあたっては乗車券のほかに指定席券が必要です。
途中の深浦駅は、かつて北前船で風待ち湊として栄えた場所で、風情ある家並みも残されています。
深浦駅から徒歩20分の「風待ち舘」は、日本遺産にも認定の深浦の北前船関連遺産を紹介するガイダンス施設にもなっています。

深浦駅から北に歩いた大岩海岸の大岩は、国道から岩に通じる遊歩道があり、散策できる貴重な場所。

千畳敷駅の目の前に広がる千畳敷は、寛政4年12月28日(1793年2月8日)西津軽地震(青森県大戸瀬崎の沖合13kmが震源のM7〜M7.5程度の地震)で3.5mほど隆起して生まれたという岩畳で、「リゾートしらかみ」も見学時間を設けるほどの沿線屈指の景勝地です。

驫木駅(とどろきえき)は、全国屈指の難読駅、そして絶景駅として鉄道ファンには知られています。
時化(しけ)の時には波がかぶることもあるという波打ち際の駅は、「タンポポみたいに旅にでた。」というキャッチコピーとともに青春18きっぷのポスターに使われて一躍有名に。

オートキャンプでは行合崎海岸にある行合崎キャンプ場が人気。
芝生に覆われた行合崎には、初夏ならニッコウキスゲの大群落が美しい花を咲かせます。

ドライブの場合は、行合崎キャンプ場入口、五能線の線路を跨ぐ手前の広い駐車場(行合崎キャンプ場の駐車場)に車を入れるのがおすすめです。

深浦海岸(五能線)
名称 深浦海岸(五能線)/ふかうらかいがん(ごのうせん)
所在地 青森県西津軽郡深浦町深浦
関連HP JR東日本秋田支社公式ホームページ
電車・バスで JR深浦駅下車、徒歩10分
ドライブで 東北自動車道浪岡ICから約70km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
風待ち舘

風待ち舘

江戸時代から明治時代にかけて、北前船の風待ち湊として栄えた青森県西津軽郡深浦町。700石積みの弁財船を3分の1のスケールで復元した、全長7.5mの模型を中心に、北前船が航海に使った道具、船主が航海の安全を祈願して寺社に奉納した船絵馬、北前船

驫木駅

驫木駅

青森県深浦町にある五能線の絶景駅が驫木駅(とどろきえき)。東能代駅と川部駅を結び日本海沿いに走る五能線には絶景の駅が数多くありますが、筆頭はこの驫木駅。昭和9年12月13日、五所川原線大戸瀬〜深浦間の延伸に伴って開業した単式ホーム1面1線の

千畳敷海岸

千畳敷海岸

青森県西津軽郡深浦町、五能線の千畳敷駅前一帯に広がる岩畳の海岸が千畳敷海岸。寛政4年12月28日(1793年2月8日)の西津軽地震(鯵ヶ沢地震)で当時、荒崎と呼ばれていた緑色凝灰岩の海食台地が隆起し、千畳敷海岸が誕生したもの。夏は海水浴も可

大岩海岸

大岩海岸

青森県西津軽郡深浦町、北前船の風待ち湊として繁栄した深浦の北に突き出した岬の巨岩(標高18.4m)が大岩。五能線が海岸を走る深浦町には美しい海岸線が連続しますが、大岩海岸もそのひとつ。深浦駅から徒歩圏内で、大岩に渡る遊歩道も整備されています

五能線リゾートしらかみ

大人の休日倶楽部・青森県「五能線篇」で紹介の五能線&焼きイカ通りはここ!

吉永小百合が旅するテレビCMで注目のJR東日本「大人の休日倶楽部」。令和3年4月〜9月に行なわれる東北DCに合わせて放送される青森県「五能線篇」で登場の五能線は、秋田県能代市の東能代駅と青森県田舎館村の川部駅を結ぶ、ローカル線。途中の鰺ヶ沢

行合崎

行合崎

青森県西津軽郡深浦町、海岸沿いを走る五能線の車窓から眺める景勝地のひとつが行合崎。行合崎の名は、風待ち湊として繁栄した深浦湊を利用する北前船が岬の沖で行き合うことに由来し、日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集

第二小入川橋梁

第二小入川橋梁

秋田県山本郡八峰町、日本海沿いを走るJR五能線のあきた白神駅〜岩館駅間、小入川に架る橋梁が第二小入川橋梁(だいにこいりかわきょうりょう)。山側を走る国道101号に小入川橋が架かり、橋の海側の路側に歩道が設けられ、そこが第二小入川橋梁を渡る五

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ