千畳敷海岸

千畳敷海岸

青森県西津軽郡深浦町、五能線の千畳敷駅前一帯に広がる岩畳の海岸が千畳敷海岸。寛政4年12月28日(1793年2月8日)の西津軽地震(鯵ヶ沢地震)で当時、荒崎と呼ばれていた緑色凝灰岩の海食台地が隆起し、千畳敷海岸が誕生したもの。夏は海水浴も可能で、環境省の日本の水浴場55選にも選定。

地震で3.5m隆起して千畳の岩畳が誕生!

西津軽地震(青森県大戸瀬崎の沖合13kmが震源のM7〜M7.5程度の地震)では、千畳敷駅のひとつ西側の大戸瀬駅のある大戸瀬地区では3m50cmも隆起しているのです。
震源に近かった大瀬戸崎から荒崎(現・千畳敷)にかけて、3m以上の隆起があり、千畳敷海岸が誕生。

地震から日の浅い寛政9年(1797年)に刊行された民俗誌『津軽俗説選後々拾遺 千八百解』には、「深浦街道干潟になりて、今の街道者むかしの海中なりと云」と記されていることから、現在の深浦街道もかつては海中だったと推測できます。

この地震では、鰺ヶ沢にあった弁天崎が崩落し、海に沈んでいます。

7月上旬~8月中旬には、天然海水プールのある海水浴場もオープン。
シャワー、脱衣所、水洗トイレなどが備わり、食堂も営業します。

五能線の「リゾートしらかみ」(2号〜5号)は、千畳敷駅で散策時間を確保しています。

千畳敷海岸
名称 千畳敷海岸/せんじょうじきかいがん
所在地 青森県西津軽郡深浦町北金ヶ沢榊原
関連HP 深浦町公式ホームページ
電車・バスで JR五能線千畳敷駅から徒歩1分
ドライブで 東北自動車道浪岡ICから約57km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 深浦町観光課 TEL:0173-74-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
深浦海岸(五能線)

深浦海岸(五能線)

青森県深浦町の深浦海岸を走るJR五能線は、鉄道の車窓風景の中で、国内屈指の絶景といわれる場所です。とくに深浦海岸・行合崎(ゆきあいざき)、塩見崎・黒島あたりの海岸は沿線随一の景勝地。併走する国道101号の車窓からの眺めも雄大ですが、時間が許

大岩海岸

大岩海岸

青森県西津軽郡深浦町、北前船の風待ち湊として繁栄した深浦の北に突き出した岬の巨岩(標高18.4m)が大岩。五能線が海岸を走る深浦町には美しい海岸線が連続しますが、大岩海岸もそのひとつ。深浦駅から徒歩圏内で、大岩に渡る遊歩道も整備されています

千畳敷海岸

千畳敷海岸

青森県西津軽郡深浦町、五能線の千畳敷駅前一帯に広がる岩畳の海岸が千畳敷海岸。寛政4年12月28日(1793年2月8日)の西津軽地震(鯵ヶ沢地震)で当時、荒崎と呼ばれていた緑色凝灰岩の海食台地が隆起し、千畳敷海岸が誕生したもの。夏は海水浴も可

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ