風待ち舘

風待ち舘

江戸時代から明治時代にかけて、北前船の風待ち湊として栄えた青森県西津軽郡深浦町。700石積みの弁財船を3分の1のスケールで復元した、全長7.5mの模型を中心に、北前船が航海に使った道具、船主が航海の安全を祈願して寺社に奉納した船絵馬、北前船で運ばれた古伊万里、往時の海路図などを展示しています。

北前船の風待ち湊として栄えた深浦の歴史を学ぶ

JR五能線の観光拠点ともなっている深浦町は、江戸時代から明治時代にかけて(帆船時代)、大坂(大阪)と蝦夷地(北海道)の物資の輸送で活躍した北前船の風待ち湊として繁栄した湊町。
行合崎という岬の名も、沖を北前船が行き交うことが名の由来で日和見山(ひよりみやま)は、文字通り、船の出発を決めるため、日和(天候)を見定めた場所です。
鳥居岬も、岬の岩が鳥居に似ていることから、北前船の船乗りたちが命名した岬名なんだとか。

町内の円覚寺には、船絵馬が多数奉納され、宝篋印塔も、北前船のバラスト(重石)として越前三国で積まれた福井の笏谷石(しゃくだにいし)のものが残されています。

深浦町の日和見山跡、円覚寺奉納海上信仰資料、円覚寺宝篋印塔、行合崎、鳥居崎などは、全国の北前船寄港地で認定を受ける日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」の構成資産となっており、風待ち舘は、そのビジターセンター的な役割を担っています。

700石積みの弁財船は、700石の米が積載できるということなので、今のトン数に換算すると、全長22.5m、およそ100トン級のかなり大きな船だったことがわかります(新潟県佐渡市には全長24mの帆船「白山丸」が実物大で復元されています)。

青森県内では、深浦町、鰺ヶ沢町が認定されています。

風待ち舘
名称 風待ち舘/かぜまちかん
所在地 青森県西津軽郡深浦町深浦浜町272-1
関連HP 深浦町観光公式サイト
電車・バスで JR深浦駅から徒歩20分
ドライブで 秋田自動車道能代ICから約62km。東北自動車道浪岡ICから約78km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 風待ち舘 TEL:0173-74-3553/FAX:0173-82-0016
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ