本能寺跡

本能寺跡

明智光秀が主君・織田信長を討った本能寺の変。信長が上洛の際に宿所としていた本能寺は、本能寺の変当時は現在の寺町御池ではなく、堀川四条近く、油小路通蛸薬師にありました。「本能寺跡」石碑、「此附近本能寺址」石柱も立っていますが、実は本能寺があった場所はそれよりも少し北側になります(くれぐれもご注意を!)。

本能寺のあった場所は、石碑、石柱の立つ場所の一区画北側!

本能寺跡

油小路の東、蛸薬師通の南に建つ本能特別養護老人ホーム。
本能特別養護老人ホームの油小路側に「本能寺跡」石碑、蛸薬師通側に「此附近本能寺址」石柱が立っています。
町名も元本能寺南町と、かつてここに本能寺があったことを伝えています。

ただし実際に本能寺があったのは、南北が蛸薬師通と六角通の間、東西は西洞院通と油小路通の間ということで、このひとつ北の区域。
「BnAホテル京都」のある一角で南北に小川通が縦断していますが、本能寺のあった時代にはこの小川通はなく、ちょうど「此附近本能寺址」石柱あたりが門前で、北に本能寺の境内があったと推測できるのです。

平成15年6月2日(奇しくも信長の命日)、京都市埋蔵文化財研究所が本能小学校跡地(現在の本能特別養護老人ホームなどが建つ一角)で、戦国時代末期の惣構(そうがまえ)跡を発掘。
『洛中洛外図』では、惣構のすぐ北側に本能寺が描かれているので、北側だったことが判明し、さらにその北側のへりで能と記された軒丸瓦(のきまるがわら)などが発掘されたことにより(瓦は京都市考古資料館に収蔵展示されています)、本能寺の跡が確定したのです。

本能寺の変の舞台となった本能寺ですが、天正15年(1587年)、豊臣秀吉の京の都市改革(天正の地割=南北方向の通りの中間に新たに通りを建設し、空き地を減少させる改革)で、現在地に移転しています。

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(明智光秀役=長谷川博己)で大注目の本能寺の変、本能寺ですが、その場所を示す「本能寺跡」石碑、「此附近本能寺址」石柱のある場所は、正確な意味で本能寺ではないので注意が必要です。

本能寺跡 DATA

名称 本能寺跡/ほんのうじあと
所在地 京都府京都市中京区小川通蛸薬師元本能寺町
電車・バスで 阪急電車大宮駅・京福電車四条大宮駅から徒歩10分
駐車場 なし
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
本能寺・織田信長公廟

本能寺・織田信長公廟

2019年12月23日
明智藪

明智藪

2018年6月16日
本能寺

本能寺

2018年6月4日

坂本城

2017年8月16日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ