千利休居士遺蹟・不審菴

千利休居士遺蹟・不審菴

京都府京都市上京区にある表千家流家元の茶室が千利休居士遺蹟・不審菴(せんのりきゅうこじいせきふしんあん)。千利休は、豊臣秀吉の逆鱗に触れ、天正19年2月28日(1591年4月21日)に聚楽第(じゅらくだい)の聚楽屋敷で切腹させられていますが、利休の娘お亀の夫・千少庵が千家復興を許され、不審菴を建てています。

千利休ゆかりの表千家は、ここに始まる!

千少庵(せんのしょうあん)も、千家の養子になっていたので、千利休切腹後、会津若松の蒲生氏郷(がもううじさと)のもとに蟄居(ちっきょ)を命じられていましたが、文禄3年(1594年)、徳川家康、蒲生氏郷の仲介で、ようやく秀吉の許しを得て、京に戻り、千家を興しています。

千少庵は、三男・千宗旦(せんのそうたん)を大徳寺から還俗(げんぞく=僧侶を俗人に戻すこと)させ、寛永10年頃(1633年)、千宗旦は不審菴を再建。
正保3年(1646年)、宗旦の子・千宗左(せんそうさ)が継いで、不審庵に住み、紀州徳川家に仕え、今に伝わる表千家が確立しています(表千家宗家は代々千宗左を名乗り、現在の当主は14代目です)。
千宗左は、父の宗旦から聞いて書き留めた利休の言葉などをまとめて、自筆の茶書『江岑夏書』(こうしんげがき)も著しています。

不審菴(ふしんあん)とは、千利休が大徳寺門前の屋敷につくった四畳半の茶室の名で、禅語「不審花開今日春」(ふしんにしてはなひらくこんにちのはる)に由来。
千利休が、大徳寺・大仙院の古渓宗陳(こけいそうちん)に庵号を求めた際、この禅語が返ってきたと伝えられています(千利休の茶室には古渓宗陳筆の「不審花開今日春」扁額が掲げられていました)。
なぜ春になって花が開くのか、自然は一切のはかりごとなく、無為自然に運行されているーという意味で、人智を超えた自然の偉大さと尊ぶ精神を表しています。

千利休居士遺蹟・不審菴
名称 千利休居士遺蹟・不審菴/せんのりきゅうこじ・いせきふしんあん
所在地 京都府京都市上京区本法寺前町597
関連HP 表千家不審菴公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄烏丸線鞍馬口駅から徒歩10分
問い合わせ 表千家 TEL:075-432-2195
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
千利休聚楽屋敷跡

千利休聚楽屋敷跡

茶人、千利休(せんのりきゅう)が京の聚楽第(じゅらくだい)内に構えた屋敷の跡が千利休聚楽屋敷跡。豊臣秀吉が政庁兼邸宅として天正15年(1587年)に聚楽第を完成させると、千利休も屋敷を構えますが、その跡地(京都市上京区)には千利休居士聚楽屋

千利休屋敷跡

千利休屋敷跡

大阪府堺市堺区にある史跡が千利休屋敷跡(せんのりきゅうやしきあと)。わび茶(草庵の茶)の完成者、千利休は大永2年(1522年)、和泉国・堺の商家「魚屋」(ととや)で生誕。本名は田中與四郎で、17歳から北向道陳(きたむきどうちん )

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ